Image: The Boring Company

乗ってみたいぞ、高速移動手段!

今年5月、イーロン・マスクのトンネル採掘会社The Boring Company(ザ・ボーリング・カンパニー)が正式に発表した、地下トンネルの高速交通機関。こちら気が早いことに、アメリカ・シカゴにて建設の契約を勝ち取ったことを公式が発表しています。建設の計画はロサンゼルスに続き、2都市目です。

シカゴで計画されている交通機関の仕様は、最大16人乗りの電気駆動の乗り物が最高時速150マイル(約240km)で走行するというもの。30秒に1本が発車します。区間はシカゴのダウンタウンとオヘア空港のあいだ15マイル(約24km)で、12分で移動できるそう。

The Boring Companyの交通機関は運賃の安さも特徴で、今回の区間での運賃は20~25ドルBloombergによると、同じ区間をタクシーで移動すると40ドルかかるそう。電気駆動方式やポッドの共通化などでコストダウンを図るものと思われますが、それにしても驚異的な安さです。

前述したように、The Boring Companyはすでにロサンゼルスの交通局と共同で計画を進めることを発表しており、トンネルの採掘も開始しています。これまで地下トンネルといえば電車や高速道路が敷設されるイメージでしたが、近い将来はイーロン・マスクが考えるように、小型の電動ポッドが血液のように駆け巡るのかもしれません。


Image: The Boring Company
Source: The Boring Company, Bloomberg

(塚本直樹)