今週は3歳馬によるダートの重賞、ユニコーンSが東京競馬のメイン。また、北海道競馬が始まり、函館の開幕週のそれは函館スプリントSだ。

 ユニコーンSは、比較的順当に収まる重賞で、03年に馬単が導入されてからの過去15年間、その馬単で万馬券になったのは3回(馬連は0回)。この間、1番人気馬は7勝(2着3回)、2番人気馬は2勝(2着5回)で、1、2番人気のワンツーで決まったのが5回もある。

 穴党の出番は少なく、本命党向きの重賞と言っていいかもしれない。

 今回はフルゲート必至で、900万条件馬は抽選となる。人気はデムーロ騎手が手綱を取るルヴァンスレーヴが圧倒的だろうか。

 前走の伏竜Sは1番人気で2着に敗れたが、放牧を挟んで一息入ったあと。やや重め残りの状態で、実際、前々走から10キロも体重が増えての出走だった。それでも見せ場たっぷりの好内容だったことを思うと、変わり身を見込んでいいことになる。

 今回も2カ月半、間があいているが、放牧でリフレッシュされてから、ここを目標にしっかり乗り込まれており、1週間前の追い切りも満点と言っていい好内容。陣営は口をそろえて「前走以上の仕上がり」を強調している。

 この馬に次ぐ有力候補と見られるグレートタイムも休み明けを一度使われて大幅な良化ぶりを見せている。ならば今回も堅く収まるのだろうか。

 しかし、抽選組にも将来性豊かな好素質馬は多い。抽選を突破してくれるものと期待して、穴党として大いに注目したい馬が、エングローサーだ。

 500万平場を勝ち上がったばかり。しかも、それがアタマ差の辛勝とあっては、評価はイマイチだろう。

 しかし、ダートへホコ先を向けたのが2戦前。それまで芝では一息足りない競馬が続いていたことを思うと、ダートに活路を求めたのは正解だったのではないだろうか。

 JCダートを連覇したトランセンド(GI4勝)を父に、母の父がアフリート。こうした血統的背景からも、ダートは文句なしに合っているはずだ。

 清水久調教師も、「前走は落ち着きを欠いていてスタートがよくなかったが、最後はきっちり差し切ってくれた。伸びしろは十分。これからが楽しみな馬」と期待感たっぷりに話す。

 ここを目標にこの中間は順調そのもの。1週前の追い切りも実によかった。

 母系は欧州の一流血脈。梅雨時でもあり、仮に雨で脚抜きのいい軽いダートになっても、そもそも芝で走っていた馬。まったく問題ない。晴雨にかかわらず、一発があっていい。

 一方、函館スプリントSは、アドマイヤゴッドに期待する。

 休み明けを2度使われて、この中間は大幅な良化ぶりを見せている。前走の京王杯SCは9着に敗れたが、着順ほど内容は悪くなく、見せ場も作ったほど。

 北海道の力を要す洋芝は合っており、陣営としてもここは狙っていたレース。特に函館との相性のよさは強調してよく、1週前の追い切りも軽快かつリズミカルだった。

「心身ともに成長が見られるし、重め感なく仕上がっている」

 と、須貝調教師が目を細めるほどの好状態。

 祖母はトップフライトHなど米GI2勝馬。末脚に磨きがかかっており、大きく狙ってみたい。

アサ芸プラス