北朝鮮による拉致被害者の家族らは14日、安倍晋三首相との面会後に記者会見し、首相が日朝首脳会談への意欲を見せたことに期待感を示した上で、「被害者を確実に帰国させてほしい」と改めて訴えた。

 田口八重子さん=拉致当時(22)=の兄で、拉致被害者家族連絡会(家族会)代表の飯塚繁雄さん(80)は、米朝会談が拉致解決への「始まりの始まり」と感じたという。「今後は日朝の問題として対応してもらえる期待感を持っている。今までずるずると(北朝鮮に)だまされてきたが、前の轍(てつ)を踏むことは許されない。確実な対応をお願いしたい」と述べた。

 横田めぐみさん=同(13)=の母早紀江さん(82)は「できるだけ早く家族と会えるような状況だけを待ちわびている」と首相に伝えたという。めぐみさんの弟拓也さん(49)は「これまでの方針が揺るぎないことを確認でき、安心できた」としつつ、「解決の道筋が見えるまで簡単に動いてほしくない」とくぎを刺した。 

〔写真説明〕安倍晋三首相との面会後、記者会見する拉致被害者家族連絡会の飯塚繁雄代表(左端)、横田早紀江さん(同2人目)ら=14日午後、東京都千代田区

安倍晋三首相との面会後、記者会見する拉致被害者家族連絡会の飯塚繁雄代表(左端)、横田早紀江さん(同2人目)ら=14日午後、東京都千代田区