オリエンタルランドは6月14日、2022年度中導入を目指し、東京ディズニーシーを拡張しディズニーホテルを有する新テーマポートを開発する基本計画について、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーと合意したことを発表した。また、ディズニー社とオリエンタルランド間で締結している、ディズニーテーマパークおよびそれに関連するライセンス契約について、最長で2076年まで延長できる内容で合意に至った。

東京ディズニーシーで新たに開発する8番目のテーマポートは、「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」がテーマ。ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』の世界を、同プロジェクトのために新たに開発する4つのアトラクションなどで再現した3つのエリアと、パーク内に位置し、最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルで構成する。

この「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」では、既存施設への追加投資として、過去最高となる約2,500億円をかけ、東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡張し、2022年度中の開業を目指す。新テーマポートには、アラビアンコーストとロストリバーデルタの間の通路から接続される。開発面積は約140,000平方メートル(うち、テーマパーク・ホテルエリア約100,000平方メートル)となる。

また、ディズニー社とオリエンタルランド間で締結しているディズニーテーマパークおよびそれに関連するライセンス契約は、現行では最長で2046年までの契約期間となっているが、今後予定している各施設のオープンをもって、最長で2076年まで延長されることとなった。

ディズニー映画『アナと雪の女王』を舞台とするエリアには、映画の終盤、雪の女王であるエルサが、氷の魔法を受け入れたあとの世界が広がり、ゲストは門が開かれたアレンデール王国を訪れることができる。

このエリアには、アナとエルサ2人の姉妹の心温まるストーリーをめぐるアトラクションと、美しい雪山のふもとにあるアレンデール城の中にレストランが導入される。アトラクションでは、ゲストはボートに乗り、アナとエルサの心温まる物語をたどっていく。心に残る数々の映画の名曲と共に、ちょっとしたスリルも体験できるエリアとなる。

ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』をテーマにラプンツェルの塔が森の奥深くにそびえるエリアには、ラプンツェルと一緒に、映画の中で描かれたランタンフェスティバルを訪れるアトラクションや、映画に登場する愉快な荒くれ者たちの隠れ家をテーマにしたレストランでの食事を楽しめる。

新しいアトラクションでは、ラプンツェルにとって「今までで最高の日」となるランタンフェスティバルに向かうまでの道のりを体験を促す。ゴンドラに乗ったゲストはラプンツェルと一緒に進み、フィナーレでは映画の感動的な名曲と共に、美しく揺らめく数えきれないほどのランタンの灯りに包まれる、ロマンスに満ちた体験が待っている。

ディズニー映画『ピーター・パン』が舞台のエリアには、ピーターパン、ティンカーベル、ロスト・ボーイズが住むネバーランドで、ゲストは、彼らと一緒に新たな冒険に出発する。エリア内には、ネバーランドのジャングルを飛び立って海賊たちと戦う大型アトラクションと、ティンカーベルと妖精たちが住むピクシー・ホロウを訪れるかわいらしいアトラクション、ネバーランドの景色を眺めながら食事ができるレストランが導入される。

2つのアトラクションのうち、大型アトラクションでは、海賊にさらわれたウェンディの弟・ジョンを救うため、ゲストはボートに乗り込み、ロスト・ボーイズのあとを追って川を下り、ティンカーベルのピクシーダストでネバーランドの上空へと飛び立つ。おなじみの音楽とキャラクターに3Dの迫力ある映像が加わり、迫力のネバーランドの冒険を提供する。

新たなディズニーホテルは、新テーマポートのストーリーの核となる魔法の泉を囲むようにそびえ立つ。ディズニーファンタジーをテーマとしたホテルでは、壮大で美しい新テーマポートの全景をパークに面する客室の窓から臨むことができ、ゲストは魔法がかったパークと一体となった宿泊体験を楽しめる。475室を有するこのホテルは、デラックスタイプの客室に加え、一部は、東京ディズニーリゾートで最上級の宿泊体験を提供するラグジュアリータイプの客室で構成される。また、パークに面したホテルの1階部分には、商品店舗が導入される。また、ホテル内には2つのレストランを計画している。

(C) Disney

画像提供:マイナビニュース