経団連が14日に発表した大企業の今夏のボーナス妥結状況(第1回集計、回答96社)によると、製造業と非製造業を合わせた組合員の総平均は前年比6.71%増の96万7386円と2年ぶりに増加に転じた。金額は1959年の調査開始以来、過去最高。経団連は「好調な企業業績を反映した結果」と分析している。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら