ライトノベル『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』、通称『ダンまち』より、『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ―オリオンの矢―』の最新ビジュアルとPVが公開された。さらに、追加キャストとして細谷佳正、内田真礼、斉藤壮馬の出演が明らかになった。

【写真】『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ― オリオンの矢 ―』最新ビジュアル&場面写真

 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(GA文庫/SBクリエイティブ刊)は、原作を大森藤ノ、イラストをヤスダスズヒトが担当するシリーズ累計900万部超を誇る大人気ライトノベル。今回の劇場版では、原作者の大森自らが脚本を担当、新規書き下ろしのオリジナルストーリーとなることが発表されている。

 制作には、監督に桜美かつしが新たに参加し、キャラクターデザインはテレビシリーズと同じく木本茂樹、音楽は井内啓二。アニメーション制作はJ.C.STAFFが担当する。また、追加キャストでは、リリルカ・アーデ役を内田、ヴェルフ・クロッゾ役に細谷、ヘルメス役として斉藤が出演する。

 今回公開されたPVでは、松岡禎丞演じるベル・クラネルと水瀬いのり演じるヘスティアといったお馴染みのメインキャラたちや、キービジュアルにも描かれている新キャラクターの姿が。そして、一本の矢を巡る物語の一部が垣間見える内容となっている。

 『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ―オリオンの矢―』は、2019年劇場公開。
『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ― オリオンの矢 ―』最新ビジュアル(C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/劇場版ダンまち製作委員会