ヒップホップ、R&B、レゲエなど、世界中で日々新しい音楽が生まれていく中で、ここロンドンでも新しいアーティストたちが次々と脚光を浴びていく。 DRAKEがプロデュースするブランド「OVO」とMIGHTY CROWNのコラボルックブックが発表されたその日、UKツアーでロンドンに滞在していたMIGHTY CROWNのSAMI-T氏と「OVOのショップをチェックしに行こう」ってことで街に向かっていた。 ショップはSOHOエリアにあり、OVOのクルーはルックブックに出ている張本人のいきなりの訪店にびっくり&大歓迎。 そこでは何やら映像の撮影も行われていて、クールなやつらが溜まっていた。その中に一際光を放つ若者がいる。 「よー、俺はOCTAVIAN。」 OCTAVIAN。 アフリカにルーツを持つ22歳。 彼の音楽を1つのジャンルで言葉にする難しいが、ヒップホップ、グライム、ダンスホールなどを取り入れていることは確か。DRAKEがInstagramで彼のリリックを引用してポストしたことも影響して彼は今UKを中心に大きな注目を浴びている。 初めましての会話の中で楽曲“PARTY HERE”や“HANDS”のことを本人直々に教えてくれた。

OCTAVIANとプロデューサーのJ RICK

Shigeto Miyataさん(@shigetomiyata)がシェアした投稿 -

その日は新曲のミュージックビデオ撮影中ということもあってワサワサとしていたので頃合いを見てお別れ。 そして先日、そのミュージックビデオが公開された。 OCTAVIAN - LITTLE
上り調子のニュースターは6月9、10日にマンチェスターで開催された野外フェス<PARKLIFE>にてOFF-WHITEデザイナー VIRGIL ABLOHのDJセットに飛び入りで登場し会場を沸かせている。6月14日にはボーカルとしてフィーチャーされているMURA MASAの新曲“MOVE ME”も発表されるなど、今まさに乗りに乗っている。 SAMI-T氏とも話していたが、UKにもジャンルを問わず素晴らしいアーティストがストリートにたくさんいて、何かをきっかけに一気に火がつく可能性を持っている。 OCTAVIANが世界中を席巻する日が楽しみ。もちろん日本でも。 つづく 【LIFE of LONDON】バックナンバーを読む!

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.