iPhone
Appleが警察など機関がiPhoneのロックを解除できないようにすると『The New York Times』が報じています。

iPhoneがロックされてから1時間でデータのやりとりが制限

『The New York Times』の報道によると、新たに導入される「USB制限モード(USB Restricted Mode)」はiPhoneがロックされてから1時間が経過するとLightningポートなどを通じてデータを取り出したり、入れたりする際にパスコードの入力が必要になる機能。 この機能の導入により、ロックの解除に数時間かかるGrayKeyなどのロック解除ツールを利用してiPhoneのロックを解除することが難しくなりそうです。

USB制限モードはiOS12で導入?

「USB制限モード(USB Restricted Mode)」はiOS11.3のベータ版に含まれていましたがリリース時には搭載されなかった機能。 iOS11.4に搭載されることが予想されていましたが、さらに先送りとなり現在iOS12ベータ版に「USB制限モード(USB Restricted Mode)」が含まれています。

▼RELATED iPhoneのセキュリティがiOS 11.4で強化?「USB制限モード」導入!

絶対にスマホ依存症にならないiPhone Basicが登場!?

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.