調査会社IPSOSなどが13日に発表した世論調査によると、米国民の51%が米朝首脳会談を含むトランプ大統領の北朝鮮対応を支持した。トランプ流の「ディール(取引)外交」に米世論が一定の評価を与えていることが浮かび上がった。調査は首脳会談後から13日にかけ、ネットを通じ1000人以上を対象に実施した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)との首脳会談の冒頭、親指を上げるしぐさを見せるトランプ米大統領=AP