決勝は平均8億円超えのブラジル対スペイン

 ロシア・ワールドカップ(W杯)の開幕を目前に、英紙「デイリー・メール」が出場32カ国の平均年俸の高さだけで、決勝トーナメント進出国を予想。さらに、決勝カードや優勝国を大胆な視点で予想した。

 冒頭から「サッカーは金が物を言う」という書き出しで始まる、この特集の4強進出予想国は、ブラジル対フランスと、スペイン対ドイツ。決勝はブラジル対スペインという結果になった。

 そして、平均年俸580万ポンド(約8億6000万円)のブラジルが、547万ポンド(約8億円)のスペインを破り、4大会ぶり史上最多6度目の優勝を飾るという。

 昨夏パリ・サンジェルマンに加入した、ブラジル代表FWネイマールは「フットボール・リークス」によると、約49億円の年俸を受け取っているという。スター揃いのブラジルのなかでも、破格の年俸を受け取るネイマールの存在が、セレソンの価値を大幅に引き上げたのだろう。


3位はフランス 日本は…

 一方で、3位決定戦にまわった2カ国は、521万ポンド(約7億6000万円)のフランスが、487万ポンド(約7億2000万円)の前回王者ドイツを破る結果となった。

 日本は103万ポンド(約1億5000万円)で32カ国中22位だが、グループHでは最下位のため、この視点ではグループリーグ敗退となる。

 一方、記事の末尾には「この結果通りに物事は進むか? いや、実際それはほとんどないだろう。サッカーは常に金が物を言うわけではない。特にW杯はサプライズが起こるのだから」と添えられた。サッカーはお金がすべてではないということは、過去のW杯でも起こった数々の大番狂わせが物語っているのかもしれない。


(Football ZONE web編集部)

英紙「デイリー・メール」はブラジルとスペインの決勝を予想した【写真:Getty Images】