株式会社オリエタルランド6月14日東京ディズニーシーリニューアルについて基本計画を表しました。

2022年度中の開業を目指す

東京ディズニーシー大規模拡プロジェクト」では既存施設への追加投資として、過去最高となる約2500億円をかけ、東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡し、2022年度中の開業をすとしています。

プロジェクトでは、東京ディズニーランド東京ディズニーシーに隣接する駐車場を転用し、東京ディズニーシーの敷地を拡

約14万メートルの敷地のうち、10万メートルに4つのアトラクションディズニーホテルを擁する新テーマポートが登場します。

なお、今回の発表では、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーオリエタルランドの間で締結するディズニーテーマパークおよびそれに関連するライセンス契約期間が、現行の2046年までから、予定施設の開業をもって最長で2076年まで延長できる内容で合意したことも表されました。

テーマは「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」

テーマポートのテーマは「魔法が導くディズニーファンタジー世界」。

ディズニー人気映画アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」を題材とする3つのエリアで構成されます。

“アナ雪”のエリア

アナと雪の女王」を舞台とするエリアには、女王であるエルサが氷の魔法を受け入れたあとのアレンデール王国が出現。

エリア内にはアナとエルサ姉妹の心温まるストーリーをめぐるボート・アトラクションと、美しい山のふもとにあるアレンデール内にレストランが導入されます。

“ラプンツェル”のエリア

ラプンツェル深くにそびえるこのエリアには、ラプンツェルと一緒にゴンドラでランタンフェスティバルを訪れるアトラクションや、映画に登場する愉快な荒くれ者たちの隠れテーマにしたレストランが登場します。

“ピーター・パン”のエリア

往年の名作「ピーターパン」をテーマとするエリアには、ピーターパンティンカーベルロストボーイズが住むネバーランドジャングルを飛び立って海賊たちと戦う大アトラクションと、ティンカーベル妖精たちが住むピクシーホロウを訪れる2つのアトラクションがお見え。

バーランド素晴らしい色を望む絶景レストランも見どころのひとつとなっています。

全475室を有する新ディズニーホテル

テーマポートのストーリーの核となる「魔法」を囲むようにそびえ立つ、待望の新ディズニーホテルは「ディズニーファンタジー」がテーマに。

ゲストルームはデラックスタイプの客室と、東京ディズニーリゾート最上級の宿泊体験を提供するラグジュアリタイプの全475室で構成し、ホテル内に2つのレストランと商品店舗もオープンするそうです。

いよいよその計画が明らかになった新しいディズニーシーに心躍らずにはいられません。

投資額は約2500億円!東京ディズニーシー拡張計画が発表、テーマは「魔法の泉」