イエメン内戦に軍事介入しているサウジアラビア主導のアラブ諸国連合軍は13日、親イランのイスラム教シーア派系反政府組織「フーシ」が支配する西部の港町ホデイダの奪還作戦を開始した。約800万人が飢餓状態にある中、食糧・支援物資の搬入拠点でもあるホデイダで戦闘が激化した場合、危機が深刻化する恐れもある。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら