2018年6月7日から10日にかけて、東京ビッグサイトにておもちゃの展示会である東京おもちゃショー2018が開催されました。一般公開が行われる9日と10日は週末ということもあり、発売前の新作おもちゃの展示やステージイベントが開催され、子供から大人まで多く訪れるイベントとなりました。

この東京おもちゃショーに「アイカツ!」シリーズのバーチャルYouTuber「ナナ」が登場し、ライブステージを開催しました。本記事ではその様子をレポートします。

株式会社バンダイ・ 株式会社BANDAI SPIRITSブースのステージでは、デジタルキッズカードゲーム「データカードダス アイカツ!」の最新作「データカードダス アイカツフレンズ!」のユーザー登録者数100万人突破を記念し、「アイカツ!デビュー100万人突破記念♪ BEST FRIENDS! ライブステージ」が開催。多くのファンが集まりました。

ステージでは2018年6月7日にアイカツ!シリーズ公式YouTubeチャンネル「アイチューブ」にて、「バーチャルユーチューバー“ナナ”」としてバーチャルYoutuber(VTuber)デビューしたAIキャラクター「ナナ」がステージに登場し、集まったファンに向けてリアルタイムでやりとりをしながらステージを盛り上げます。「そこの女の子、黄色いリボンつけてる!」「あいねちゃん(アイカツフレンズのアイドル)のバッジつけてる、可愛いねー!」などなど、客席前方の女の子たちをステージ上から本当に見ているかのように声をかけていました。

また、「ナナのこと知ってる?」との問いかけも、客席後ろの大人のファンから手があがると「ありがとうー!!」と元気いっぱい。客席を沸かせました。

「ナナ」はステージ観覧の注意点等を説明し、現在放映中のアニメ「アイカツフレンズ!」から、あいね・舞花・エマ from BEST FRIENDS!によるライブステージとトークにバトンタッチ。

Mogura VRさん(@moguravr)がシェアした投稿 -

今回の「ナナ」は特別なデバイスを使っておらず、大きなスクリーンに投影され、実際に客席にいる人たちのことを見ているかのように話したり、客席のレスポンスに対し遅延なしにやりとりしていました。リアルタイムでコミュニケーションがとれることがこのようなライブの盛り上がりや、キャラクターの実在感に大きく寄与していると感じられました。

数多くのVTuberのファン向けイベントが開催されている今日このごろ。普段はYouTubeなどで映像を通して見ているファンにとっても、ステージ上から「あのキャラクターが自分を見ていて、反応が返ってくる」という体験は印象深いものになると思われます。

(C)BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO