VR小説・VR漫画を企画・開発するMyDearest株式会社は、制作中のVRミステリーアドベンチャーゲーム「東京クロノス」開発のためのプロジェクトを、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて7月10日より実施します。

同プロジェクトは日本国内ユーザーを対象としており、国外向けにはクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」にて同時間より実施するとしています。

リリースによれば、本プロジェクトはもともと、海外向けにプロモーションが重視されていましたが、制作スタッフの予想を超える国内での大きな反響を受け、日本市場でのプロモーション活動に力を入れることになったとのことです。プロジェクトを通じて「日本発で世界を駆け巡るVR作品」を作るためにクラウドファンディングが決定しました。

クラウドファンディングは、「現状パイロット版の本コンテンツを最後まで完成させるため」「開発過程自体を共有し、ユーザーとともに制作していく”一体感”を意識した国内プロモーションを充実させるため」行われます。支援者のリターンには、ファングッズや開発レポート配信などの特典が想定されています。

プロジェクト名

画面の向こう側に行くアドベンチャーゲーム制作プロジェクト!『東京クロノス』始動(仮)

URL

http://camp-fire.jp/projects/view/81176(7月10日公開予定)

募集期間

7月10日(火)~8月18日(土)

「東京クロノス」について

「東京クロノス」は、「画面の向こう側に行くアドベンチャーゲーム」をコンセプトに、作品の世界にダイブして楽しむ、次世代のアドベンチャーゲームです。2019年初頭にリリース予定で、対応プラットフォームは、Oculus(Oculus Go、Oculus Rift)、SteamVR(HTC Vive)、そしてPlayStation VR(プレイステーションVR・PSVR)を予定しています。

本作品は、ADVの金字塔的作品「CLANNAD」や200万本以上のセールスを記録したADV「ネコぱら」などのゲーム配信プラットフォームSteamにおけるパブリッシャー、Sekai Projectとタッグを組んでいます。

制作スタッフには、人気ライトノベルシリーズ『ソードアート・オンライン』のプロデューサー・三木一馬氏や、3DCGアニメ『楽園追放』のモーション監督を務め、スクウェア・エニックスのVR漫画プロジェクトにも携わっている柏倉晴樹氏らが参加しています。三木氏の開発ブログも公開中です。

(参考)東京クロノス 公式