film180228_beautiful-day_kawasaki_01
日本でも大ヒット上映中の映画『ビューティフル・デイ』。第70回カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞をダブル受賞した、この話題作のオリジナル・サウンドトラック『ビューティフル・デイ - オリジナル・サウンドトラック』を手がけているのが、あのレディオヘッドのギタリストとしても知られているジョニー・グリーンウッド。 そして同作の日本盤がいよいよ6月15日(金)リリース決定。

ゲームクリエイター・小島秀夫も大絶賛

映画とともに話題を呼んでいる今回のサウンドトラック『ビューティフル・デイ - オリジナル・サウンドトラック』。 すでに国内の著名人の方々から激賞コメントが到着しているが、中でも世界的大ヒットゲームを次々と送り出しているゲームクリエイター・小島秀夫は、「全てが頰擦りしたくなる程、素晴らしい!演出、カメラ、編集、音楽、そしてホアキンの存在感。本作はジャンル映画に収まらない!間違いなく後世に伝えられる傑作だ」と、とにかく全てを大絶賛している。 グリーンウッドはこれまでにグラミー賞最優秀映画サウンドトラック賞にノミネートされた映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』や、アカデミー賞作曲賞にノミネートされた映画『ファントム・スレッド』のサウンドトラックを手掛けるなど映画業界からラヴコールが絶えない。ちなみにラムジー監督とは前作『少年は残酷な弓を射る』以来2度目のタッグとなる。

音楽のテンポや流れに沿って映像を制作!

今回の映画を制作するにあたり、ラムジー監督には「映像が完成してから楽曲を作ることはしたくない」という意向があったらしく、撮り終えた映像素材を少しずつグリーンウッドに送り、グリーンウッドはその映像にインスピレーションを受けて楽曲制作を行なった。その後ラムジー監督はグリーンウッドが作曲したスコアを尊重する形で映像を編集したのだという。

ギター、シンセサイザー、ドラムマシンなどを駆使し仕上げている

ロンドン・コンテンポラリー・オーケストラとチェリストのオリバー・コーツと共にギター、実験的なシンセサイザー、ドラムマシン、レコーダーを駆使した美しくも激情的な全14曲を収録。映画は観る者の視聴覚をスリリングに刺激するクライム・ドラマに仕上がっているのだが、ラムジー監督は「音楽自体がこの作品のキャラクターの1人になっている」とコメント。 まさに映画のファンはもちろん、レディオヘッドのファンも聴くべき作品に仕上がっている。 You Were Never Really Here - Jonny Greenwood - Soundtrack Preview (Official Video)
是非公開中の映画とあわせて、音楽にも注目してはいかがだろうか。

RELEASE INFORMATION

『ビューティフル・デイ - オリジナル・サウンドトラック』

[amazonjs asin="B07D31WFKL" locale="JP" title="ビューティフル・デイ - オリジナル・サウンドトラック"] 詳細はこちら

映画『ビューティフル・デイ』

新宿バルト9 ほか全国公開中

6/1(金)公開『ビューティフル・デイ』本予告篇
【出演】ホアキン・ファニックス、ジュディス・ロバーツ、エカテリーナ・サムソノフ、ジョン・ドーマン、アレックス・マネット、アレッサンドロ・ニヴォラ 【監督・脚本】リン・ラムジー 【音楽】ジョニー・グリーンウッド 【原作】ジョナサン・エイムズ “You Were Never Really Here” 【配給】クロックワークス © Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All RightsReserved. © Alison Cohen Rosa/Why Not Productions
<STORY> トラウマを抱え、暴力を恐れない元軍人のジョーは、行方不明の少女たちを見つけ出すことで報酬を得ながら、年老いた母と暮らしていた。ある日届いた政治家の娘・ニーナを見つけ出すというその依頼は、いつもと何かが違っていた。見つけ出した彼女は、怯える様子もなくまるで空っぽの人形のよう。されるがままジョーに連れ出されるも、突然彼女が目の前でさらわれてしまう。暗澹としながらも平穏だった日常が壊れ、ジョーはある行動を起こすことにする。
詳細はこちら

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.