HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの副作用で健康被害を受けたとして、国と製薬会社に賠償を求めて名古屋地裁で係争中の女性(20)と母親(39)が毎日新聞の取材に応じた。接種から約7年。母娘は「国は接種しようとする人に、私たちのような症状が出た人もいると、しっかり説明すべきだ」と訴える。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら