ヤクルトは8回、9回の猛攻で試合をひっくり返して勝利

■ヤクルト 6-4 西武(14日・メットライフ)

 ヤクルトが大逆転勝利で、交流戦最高勝率に大きく前進した。14日、敵地メットライフドームで行われた西武戦。2点ビハインドで迎えた8回に2点をあげて同点とすると、9回に勝ち越しに成功。交流戦5カード連続の勝ち越しに成功した。

 敗色ムードを一気に跳ね返した。2点ビハインドの8回。十亀、2番手のワグナーを攻めた。バレンティンの左中間を破る適時二塁打で1点差に迫ると、川端の左前適時打でついに同点に追いついた。さらに9回には西武の守護神・増田を攻略。雄平、川端の連続適時打で試合をひっくり返した。

 先発のハフは6回途中4失点で降板。だが、2番手の原、3番手の近藤が無失点と踏ん張ると、終盤に逆転。最後は石山がリードを守り抜き、逆転勝利を締めくくった。これで交流戦全5カードで勝ち越し。交流戦最高勝率にも大きく前進した。

 西武は痛恨の逆転負け。終盤までリードを奪っていたが、8回に暗転。十亀がピンチを招くと、ワグナーがその流れを止められず。守護神の増田も9回に勝ち越しの2点を奪われた。これで交流戦首位のヤクルトとは3ゲーム差。オリックスにもかわされ、交流戦最高勝率の座は遠のいた。(Full-Count編集部)

西武対ヤクルトの試合結果