小野寺五典防衛相は14日、米朝首脳会談を受け、マティス米国防長官と電話会談した。トランプ米大統領が在韓米軍の将来的な縮小・撤退を示唆したことに関し、小野寺氏は「在韓米軍は東アジアの安全保障に重要な役割を担っている」と維持を要請。これに対し、マティス氏は「縮小などは検討していない」と返答した。

 小野寺、マティス両氏は、北朝鮮に全ての大量破壊兵器とあらゆる射程の弾道ミサイルの完全、検証可能かつ不可逆的な廃棄を求めていくことを再確認。北朝鮮制裁を定めた国連安保理決議の履行を徹底し、「瀬取り」と呼ばれる洋上密輸に対する警戒・監視を継続していくことでも一致した。