○ヤクルト6-4西武●(14日・メットライフ)勢いよく腕を回すコーチの姿を確認し、ヤクルト・青木は迷うことなく三塁ベースを蹴った。そのまま本塁を駆け抜け、先頭打者ランニング本塁打を記録した。初回先頭打者のランニング本塁打は両リーグ9人目の快挙。「会心の当たり?でした」と、おどけながら喜んだ。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら