韓国と北朝鮮は14日、板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で南北将官級軍事会談を開き、4月に南北首脳が合意した板門店宣言に基づく軍事的な緊張緩和措置について議論した。会談開催は約10年半ぶり。韓国側は会談の定例化を呼びかけ、非武装地帯(DMZ)における朝鮮戦争戦死者の遺体発掘、収容について提案する。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

南北将官級軍事会談に臨み、握手を交わす金度均・韓国国防省対北政策官(左)とアン・イクサン北朝鮮陸軍中将=板門店で14日、AP