三石軽種馬生産振興会青年部主催の「ロードカナロアの故郷レディースツアー」は8月31〜9月2日の2泊3日の日程で、馬産地の日高・胆振管内各地を巡る。7月19日までこの参加者を募集している。

 香港スプリントや安田記念など国内外の短距離GIレースを6勝し、今月12日に顕彰馬となったロードカナロア(新ひだか町三石川上・ケイアイファーム生産)の故郷を巡るツアー。

 昨年は道内外から過去最高となる25人の女性競馬ファンが参加した。

 ツアーは新千歳空港で集合解散。初めに種牡馬としてロードカナロアがけい養されている胆振管内安平町の社台スタリオンステーションを訪問。その後、3日間に渡って日高管内の各種馬場やケイアイファームを見学し、青年部との交流会やバーベキューパーティーなどが行われる。

 今回も馬のイラストレーター・おがわじゅりさんとのコラボ企画として、おがわさんがデザインした町内の牧場看板を一緒に巡るバス見学が9月1日に行われる。

 参加対象は女性限定で、参加費は5万2千円(税込)。定員は25人(最小催行人員15人)で、多数の申し込みがあった場合は抽選する。

 希望者は、みついし農協ホームページの「お申し込みフォーム」から申し込む。(取材:日高報知新聞社)