自民、公明両党と立憲民主党など野党は14日、衆院憲法審査会の幹事懇談会の開催を見送った。憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案について協議する予定だったが、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を巡る与野党対立の激化を受け、野党が開催に応じなかった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら