Hey!Say!JUMPの知念侑李、俳優の中川大志、小松菜奈が共演した映画『坂道のアポロン』のBlue-ray&DVDが9月19日に発売される。このほど、豪華版に収録されるビジュアルコメンタリーの収録が行われ、知念らキャストと三木孝浩監督が集合し、本編を観ながらオール九州ロケで行われた撮影を振り返った。

【写真】舞台あいさつでは、原作者からの手紙に涙した知念侑李

 同作は、小玉ユキ氏の人気漫画を実写化。孤独な青年・薫が、転校先の高校で“一生もの”の友情と恋、そして音楽と出会ったことから、自らの人生を切り開いていく10年を描く。

 薫役で知念が映画単独初主演を務め、薫と魂の片割れのような親友となる千太郎を中川、薫に想われる、千太郎の幼なじみ・律子を小松が演じ、三木監督(『ホットロード』『僕等がいた』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)がメガホンをとった。

 ビジュアルコメンタリー収録日、知念は「すでに映画をひと通り見た方々が(ビジュアルコメンタリーを)見ていると思うので、そんな皆さんが知らない事とか、思い出も語りながら、一緒に楽しんでもらえたらと思う」と意気込み。中川は「(知念たち)みんなと一緒に見られるのって、うれしいですね」とワクワクを隠せない様子だった。

 本編は物語の10年後のシーンから始まり、知念演じる薫は医師となり病院に勤めている。そこで子どもたちにせがまれてピアノを披露するシーンが、知念がピアノ演奏するファーストカットだったといい、「めちゃくちゃ緊張した。今見ても緊張する」と心境を吐露。このシーンは、実際に現場で知念が弾いたピアノの音をそのまま使用していることが三木監督から明かされると、「本当に緊張した」と改めて強調した。

 知念、中川は演奏シーンも手元の吹替えなし。それぞれ先生について練習を重ねて撮影に挑んでいる。後半の体育館での薫と千太郎のセッションシーンは演奏と2人の心がシンクロしていく様が見どころで、知念は「練習も体育館で、実際のシーンと同じ楽器の位置で何度も練習した」と舞台裏を明かす。そのほかのシーンも、演奏だけでなく、目線の合わせ方や、演奏を聞いている律子(小松)や観客、生徒たちの表情など、全てが合わさって、完成度の高いシーンとなった。

 演奏以外にもキャストたちを悩ませたのが佐世保弁。中川は「インタビューや舞台あいさつでは余裕だったと言っていたけれど、練習を始めた当時の音声が携帯に残っていて、聞き返してみたら苦戦していた」と告白。小松はどうしても「引き受けんかったら良かったとに」というせりふが言えなかったといい、苦戦したことを語った。

 最後、知念は「(ビジュアルコメンタリー)を一緒に観て楽しんでいただけたらうれしい。何度でも、再生ボタンを押せば観られるので、時間が空いていると思ったら、家でも、旅先でも、移動中でも何度でも観て、これからもずっと『坂道のアポロン』を愛して下さい」と呼びかけて締めくくった。

 豪華版にはそのほか、メイキングや、“本編別アングル収録”セッションシーン集など貴重な特典映像が収録される。
『坂道のアポロン』の撮影を振り返った(左から)小松菜奈、知念侑李、中川大志、三木孝浩監督 (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館