2018 FIFAワールドカップ ロシアが14日に開幕し、グループステージ第1戦でロシア代表とサウジアラビア代表が対戦。今大会第1号は開催国ロシアのMFユーリ・ガジンスキが決めた。

 試合開始から12分、MFアレクサンドル・ゴロヴィンが左サイドからクロスを送ると、ファーでフリーのガジンスキがヘディングシュートをゴール左隅に沈め、ロシアに先制点をもたらした。

 なお、ロシアは2大会連続11回目の出場で、サウジアラビアは3大会ぶり5回目の出場。FIFAランキングはロシアが70位、サウジアラビアが67位で、出場32カ国中最下位2チームによる開幕戦となった。

ロシアW杯初ゴールを決めたガジンスキ [写真]=Getty Images