ジャゴエフ負傷のアクシデントもロシアが2ゴールを奪う

 ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕戦は、開催国ロシアが1点リードして前半を終えた。現地時間14日に首都モスクワのルジニキ・スタジアムでサウジアラビアを迎え撃ったロシアは、前半12分に先制点を奪うなど2-0でハーフタイムを迎えた。

 立ち上がりから互いに激しさのある試合を展開していたなかで迎えた前半12分、ロシアは左コーナーキックのセカンドボールから、MFアレクサンダー・ゴロヴィンが右足でクロスを上げた。すると、ファーサイドで相手との競り合いに勝利したMFユーリ・ガジンスキーがヘディングシュートを決め、大会初ゴールとなる先制点を奪った。このゴールにより、W杯では1982年スペイン大会から10大会連続で開幕戦でオープニングゴールが生まれた。

 先制したロシアだが、アクシデントにも見舞われた。同23分にMFアラン・ジャゴエフが左太もも裏を押さえて負傷交代。これにより、トップ下の司令塔を大会初戦の前半で早くも失うことになってしまった。しかし、ここで交代出場したMFデニス・チェリシェフはラッキーボーイになった。

 同43分、ロシアは右サイドからのカウンターを仕掛けると、最後は左サイドから上がってきたチェリシェフが決め、開催国ロシアがリードを2点に広げて前半を終えた。今大会から導入されているビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)が運用される場面もなく、後半はスコアの行方と同時にそうした要素も注目点になる。


(Football ZONE web編集部)

W杯開幕戦は、開催国ロシアが1点リードして前半を終えた【写真:Getty Images】