ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は14日、観戦チケットの先行抽選販売に約200万枚分(12日現在)の応募があったと発表した。組織委は180万枚の完売を目標に掲げているが、対戦カードや会場によって応募に偏りがあるという。各種チケットは1月から順次、抽選販売が始まっている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら