小野寺五典防衛相は14日、米国のマティス国防長官と電話で約30分間協議し、在韓米軍について「東アジアの安全保障で重要な役割を担っている」との認識で一致した。マティス氏は在韓米軍の縮小・撤退について「現時点で検討していない」と説明。米韓合同軍事演習の中断については「韓国と調整中だ」と述べた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら