旧優生保護法に基づき障害者らへの強制不妊手術が行われた問題で、山形県は14日、県立の知的障害者3施設を対象にした調査で94人が「優生手術」を受けたとする資料が見つかったと発表した。これまで31人が強制手術を受けたとしていたが、重複者を除く83人を新たに認定し、計114人が手術を受けたと確認した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら