13日に放送されたフジテレビ系「TOKIOカケル」に出演した高橋一生が自身のイメージに関して話した。

【写真】長瀬智也&ディーン・フジオカ&高橋一生の豪華3ショットの表紙が反響「眼福でしかない」

番組ではディーン・フジオカがゲストとして登場しており、映画で共演してる高橋がディーンについて「おしぼりで顔を拭かなさそう」というイメージを持っていると発言した。

すると、逆に高橋はおしぼりで顔を拭くのかと質問され、高橋は「僕は拭いちゃうときもあります」と話すも「ただ僕、最近ちょっと顔がもともとそうなんですけど、シワっぽいんで、さらにぱっつんぱっつんになっちゃうんですね」「なんで控えるようにしてます」と明かした。

そして「あと、人からなんて言われるもんだかわかったもんじゃないんで。僕はそういうことはしっかりと、パブリックイメージはしっかりと持っております」と世間が持っているイメージを壊すような行動には気をつけていると話した。

高橋とディーンは6月15日より公開される映画『空飛ぶタイヤ』で共演。累計180万部を突破した池井戸潤による大ベストセラー「空飛ぶタイヤ」を実写化した話題作となっている。

高橋一生、注意している行動を明かす