思春期における性衝動はいたって普通のことだが、行き過ぎると犯罪につながることもある。このほどアメリカで、10代の少年が友人の母親を性的暴行しようとして逮捕された。『New York Post』『FOX13 Memphis』などが伝えている。

米テネシー州アーリントンで今月4日、強姦未遂事件が発生した。容疑者は18歳のジョルダン・コーター(Jordan Corter)で、彼を逮捕したシェルビー郡警察によると、この日は友人宅に遊びにきており泊まることになったという。

友人の母親は、就寝時に未成年である彼らが飲酒しないように家中のアルコールを自分のベッドルームに保管してドアにロックをしてから眠りに就いた。しかし午前2時半ごろ、部屋のドアをノックする音で母親は目が覚めた。

彼女はドアを少しだけ開けたのだが、そのとたん部屋の外に立っていたジョルダンがいきなり室内に押し入って来た。そしてドアをロックした後にその母親をベッドに押し付け、いかがわしい行為に及ぼうとした。驚いた彼女は激しく抵抗し、ジョルダンの股間を膝で思いっきり蹴り上げた。

ジョルダンがひるんだ隙に友人の母親は保管していた銃を掴み、銃口を彼の頭に向け「ここから立ち去るように」と言い放った。難を逃れることができたが、ジョルダンの暴行によるものと思われる大きな黒い痣が目の周りにできていた。

朝になって彼女は会社に出勤したが上司が目の痣を見て心配し、夜中に起きた一連の出来事を上司に話している。このことで警察に通報されることとなった。これにより警察はジョルダンに事情聴取を行ったところ、彼は急に泣き始め「許されないことをしてしまった」と話し、友人の母親を性的暴行しようとしたことを認めた。

ジョルダンの家族は品行方正のある子だと主張しており、彼の祖父は「ジョルダンは、本当にいい子なんです。この間ちょうど高校を卒業したばかりで新しい人生を迎える矢先でした」と話している。

これに対して警察は、寛容することはなかった。シェルビー郡警察の公式Facebookにはジョルダンのマグショットとともに「あなたが家に人を招く際、それがどんな人か知る必要がある」とコメントしている。なおジョルダンは、強姦未遂と性的暴行の容疑で逮捕されたものの、保釈金3万ドル(約330万円)を支払って勾留はされていない。

画像は『New York Post 2018年6月6日付「Teen tried to rape friend’s mom at sleepover: cops」(Shelby County Sheriff’s Office)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト