6月17日(日)放送の「ビートたけしのスポーツ大将 2時間SP」(テレビ朝日系)では、かつてプロ野球で活躍したスラッガー9人が集結したレジェンドナインがメンバーを変えて再び登場。最強小学生投手や草野球の豪速球投手らと軟球で対決する。

【写真を見る】とにかく明るい安村が気合いのピッチングでスラッガー9人を打ち取る!?

今回の野球対決は、投手がレジェンドナイン全員をアウトに打ち取れば勝ち、1人でもヒットを打たれた瞬間にレジェンドナインに軍配が上がるというルールだ。

誰と対戦するかは投手が1打席ごとにクジを引いて決定。そこで初めて対戦するかつての強打者と対面することとなる。

往年の巧みなバットコントロールやパワフルなフルスイングを披露するレジェンドたちが思わず本気になる中、最強小学生投手らはレジェンドたちをあざ笑うかのようなピッチングで“9人斬り”を目指す。

今回登場するレジェンドは、「連続試合安打日本記録保持者」「スーパーカートリオ」「優勝請負人」「両リーグホームラン王」「代打の神様」「ミスターフルスイング」「平成の三冠王」「巨人最強の助っ人」「サウスポーキラー」という異名の持ち主。

対決前には、「ヒットじゃ喜んでくれないから」と強気の発言をするメンバーも。それぞれの威厳とプライドを懸けた真剣勝負に期待が高まる。

■ 元高校球児・とにかく明るい安村の実力は!?

さらに、レジェンドに挑戦する投手として、今回は芸能人枠を採用。その代表として、高校時代は旭川実業高校野球部として甲子園にも出場したとにかく明るい安村がマウンドに上がる。

独特の甲高い声で自らに気合いを入れつつ、マウンドに駆け上がった安村だが、バットを片手に登場するレジェンドたちを前に「めちゃくちゃ怖い、サードお願いしますね」「やばい、やべえー」「(体が)でけえ」とうれしそうにしながらもビビりまくる始末。

高校時代は内野手だったというが、アウトコース低めにボールを集めるなど見事なコントロールでレジェンドに立ち向かう。そのピッチングの正確さは、解説の黒木知宏も「いいコースを狙っていますね」と感心するほど。

モニターでピッチングを見ていたレジェンドたちからも「投げ方がいいね」「変化球もいい」「おおー」と感嘆の声が上がる。

また、スタジオにはレジェンドナインのメンバーも登場し、ビートたけし、ナインティナインと共に現役時代の名場面をVTRで振り返る。たけしが思わず「懐かしいねえ」と目を細めた、プロ野球史を彩る伝説の名シーンも必見だ。(ザテレビジョン)

甲子園出場経験のあるとにかく明るい安村が野球対決に参戦!