働く人なら誰しも、時間あたりの賃金が高い企業で働きたいものです。しかし近年では裁量労働制も徐々に広がり、労働時間と賃金の関係が見えづらくなっているのも事実です。いくら年収が高い企業で働いていても、その分、労働時間が長いのでは本末転倒になってしまいます。では、実際に時間あたりの賃金が高いのはどういう会社なのでしょうか。

 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営する株式会社ヴォーカーズは、「上場企業の時給ランキング2018」を発表。今回は対象企業を上場企業に絞り、上場企業の有価証券報告書と「Vorkers」に投稿された残業時間のデータから、企業による公開情報だけでは知ることが難しい、残業時間も含めた労働時間による「時給」を算出しています。

 つまり今回の調査での「時給」は、有価証券報告書に記載されている平均年収を、各社の標準労働時間および「Vorkers」に投稿されている平均残業時間(月間)から算出した年間勤務時間で割った金額です。計算式で表すと下記になります。

 時給=平均年収÷[(月間標準労働時間+月間平均残業時間)×12]

 それでは、今回の調査から明らかになった「上場企業の時給ランキング2018」を見ていきましょう。

※集計期間内(2015年1月~2018年5月)に「Vorkers」のレポート回答が5件以上ある上場企業1902社を対象とし、有価証券報告書に記載されている平均年収データ(2016年度)と、各社の月間標準労働時間(標準労働時間×20日として集計)および「Vorkers」に投稿されている「平均残業時間(月間)」から「時給」を算出。標準労働時間は各企業採用情報等を確認し、職種・勤務地により異なる場合は代表的な職種または本社の労働時間を採用。

1位GCA、2位キーエンス、3位三菱商事
「上場企業の時給ランキング」ベスト5は?

 まず、「上場企業の時給ランキング2018」の1位となったのは、M&Aアドバイザリー会社のGCAで、時給は7385円でした。2位には、時給7083円で、自動制御機器を中心とした製造販売会社であるキーエンスがランクインしました。そして3位は総合商社の三菱商事で、時給は6252円です。トップ3は、昨年、ヴォーカーズが行った「上場企業の時給ランキング2018」と同じ結果になりました。

30歳で年収1000万円は当たり前!?

30歳で年収1000万円は当たり前!
新卒入社で5月に3ケタのGWボーナスも

 今回の調査では、あくまで平均年収から算出した平均時給のため、もちろんその企業のすべての社員がその金額をもらっているわけではありません。ただ、高時給の企業に勤める社員のクチコミをみていくと、社員たちも給与の高さを実感していることがわかります。

 自ら「かなり恵まれた待遇・環境」と評するクチコミもあるとおり、こうした経験をしてしまうと、転職先として視野に入れるのは、上位総合商社や外資系金融、コンサルだけになってしまうというのも致し方ないことかもしれません。

「1年目650万円、2年目900万円。ボーナスが年に3回あり、夏季冬季ボーナスに加えてゴールデンウィークボーナスもある。新卒で入社して次の月にゴールデンウィークボーナスとして、額面3桁のボーナスが入った時は非常に驚いたのを覚えている」(営業、男性、キーエンス)

「30歳1000万円。35歳1500万円。40歳1800万円。恵まれすぎている。この収入を貰える企業は日系では伊藤忠商事、野村証券くらいであろう。外資系ならコンサル、金融くらいであろう。いずれにしても時給換算するとこれほど恵まれた環境はない」(営業、男性、三菱商事)

「私の年収は900万円でした。給料を求めるなら満足出来る社風かと思います。下がる事もないので、とても良いと思います。同期の中には2000万円のメンバーも多かったです。同業他社の中でも高水準なので文句なしでした。成績は賞与にも反映させるので、年収が上がりやりがいが持てました」(営業、男性、三菱地所)

 ただし、高時給や高待遇であるということは、反面でプレッシャーが大きいのも事実でしょう。ある程度の高い年収まで辿りつけても、その先に進んで出世するためには、常に成果を上げ、高評価を継続的に取り続けるなど、厳しい実力主義を生き抜かなればならない企業が多いようです。常にそうしたプレッシャーがかかる状況も、社員のクチコミから垣間見られました。

「ヴァイスプレジデント:1200万円(賞与を除く)。同世代と比較すると絶対額としては高くなる。但し、人によっては労働時間や職務遂行にかかるプレッシャーなどを勘案すると、見合った金額になっているかは疑問が残る。(アソシエイト、男性、GCA)」

 今回は、「上場企業の時給ランキング2018」の上位5位を紹介しました。時給が高くてうらやましいと思う一方で、優秀な上司や同僚、部下に囲まれるなかで成果を出し続けなければならないプレッシャーがある点は、これらの企業への就職・転職を考える際に常に意識しておきたいところです。

(本記事はVorkers[ヴォーカーズ]からの提供データを元に制作しています)