数多くのヒット作を生み出してきたCM界の鬼才ディレクターにして、岸田国士戯曲賞受賞劇作家・演出家、さらに映画監督としても活躍する山内ケンジ。そんな彼の主宰する「城山羊の会」の舞台映像がついにテレビ放送される。しかも、さほどの時を置かずして、DVDV化されていない二作品が! これは城山羊の会ファンにはもちろん、今まで迂闊にも城山羊の会を見逃してきてしまった演劇愛好家たちにとっても朗報といえるだろう。

まず、一本目は、2018年6月15日(金) 19:00よりBSスカパー!「STAGE LEGEND #44」で放送される『相談者たち』である(2017年12月 三鷹市芸術文化センター)。夫の浮気が発覚し離婚話をする一組の夫婦、そこへ娘が恋人を連れて帰ってくる。そんな折、訪ねてきたもう一組のカップル。6人の男女の本音と建て前が交錯し、めくるめく相談の果てに“官能の情乱”へと発展する一夜の物語。作・演出は山内ケンジ。出演は吹越 満、安澤千草(ナイロン100℃)、橋本 淳、村上穂乃佳、鄭 亜美、折原アキラ。とくに安澤千草の表情の豊かさには要注目である。また、三鷹市芸術文化センターの職員・森元隆樹氏による名調子の前説も楽しめるはずだ。

なお、本編放送の前後では山内ケンジが、自身の作風や演出について、また『相談者たち』の見どころなどを、渋谷道玄坂の某カフェのテラスにて語る(聞き手:演劇エッセイスト・うにたもみいち)。

城山羊の会『相談者たち』
■日程:2017年11月30日(木)~12月10日(日)
■会場:三鷹市芸術文化センター 星のホール
■作・演出:山内ケンジ
■出演:吹越 満、安澤千草、橋本 淳、村上穂乃佳、鄭 亜美、折原アキラ

【動画】番組予告編

 
(左)聞き手のうにたもみいち、(右)山内ケンジ

(左)聞き手のうにたもみいち、(右)山内ケンジ

続いて二本目は、2018年7月2日(月)午前0時(※7月1日・日曜深夜24時)よりNHK BSプレミアム「プレミアムステージ」で放送される『自己紹介読本』だ(2018年4月 シアタートラム、ABCホール)。舞台は、公園の片隅のベンチとその周辺。友人ユキを待って時間を潰しているミサオに、ふとやって来た見知らぬ男が突如、自己紹介をし始めてきて……。初演は2016年12月、下北沢・小劇場B1。作・演出は山内ケンジ。出演は、初音映莉子、浅井浩介、岡部たかし、富田真喜、岩本えり、松澤匠、岩谷健司。

城山羊の会『自己紹介読本』(再演)
■日程・会場:
2018年4月17日(火)~22日(日)シアタートラム(東京)
2018年4月28日(土・祝)~29日(日)ABCホール(大阪)
■作・演出:山内ケンジ
■出演:吹越 満、安澤千草、橋本 淳、村上穂乃佳、鄭 亜美、折原アキラ

今回、BSスカパー並びにNHK BSプレミアムにて放送される両作品とも、最近の山内作品の見事な到達点と呼ぶべき画期的な「大人のコメディ」だ。現代日本の放つ演劇最前線をとくと堪能して欲しい。

『相談者たち』放送とタイミングがほぼ重なってしまうが、折しも吉祥寺・MANDA-LA2では山内雅子プロデュース『灼熱の巴里』(構成・演出:ふじきみつ彦・山内ケンジ)が6月15日(金)19:30から初日を迎える(17日まで。チケット完売)。

山内ケンジ

山内ケンジ

城山羊の会『相談者たち』舞台写真