VW「ゴルフ」次期型に設定される見込みの高性能モデル「ゴルフR」新型に関して、最新情報を入手しました。

詳細画像はこちら

ベースモデルの「ゴルフ」新型には、1リットル直列3気筒ターボガソリンエンジン、1.2リットル直列4気筒ターボガソリンエンジン、1.5リットル「TSI Evo」ガソリンエンジンや1.5リットル直列4気筒TDIディーゼルエンジなどが搭載されると予想されます。

詳細画像はこちら

また、「MQB」プラットフォームを採用し、約50kg程度の軽量化を図りつつ、ホイールベースを延長。室内空間が大きく向上すると見られています。

注目の「R」には、状況に合わせて前後輪の駆動配分を変化させる4WDシステム「4MOTION AWDシステム」を採用し、7速DCTと組み合わされる2リットル直列4気筒ターボエンジンをブーストアップ。最高出力は過去最高の400psに達すると予想しており、ライバルとなるメルセデス「AMG A45」次期型と同等のパフォーマンスが期待できるはずです。

詳細画像はこちら

また48Vマイルドハイブリッドの搭載により、加速時に電気的ブーストを供給、パフォーマンスと燃費を向上させるとレポートされています。

「ゴルフ」のワールドプレミアは、2019年のフランクフルトモーターショーと噂されており、「R」は2020年以降となるようです。

(APOLLO)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

VW「ゴルフR」次期型、48Vマイルドハイブリッドで過去最強400psを発揮!?(http://clicccar.com/2018/06/15/599469/)