フォルクスワーゲンのミッドクラス・サルーン「パサート」改良型の最新情報、及びレンダリングCGを入手しました。

詳細画像はこちら

「パサート」は、2015年に「欧州カーオブ・ザ・イヤー」に輝いており、さらなる進化が期待出来そうです。CGからは、2本のL字型デイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、大型化されたラジエーターグリルなど、昨年登場したフラッグシップ・スポーツセダン、「アルテオン」顔となると予想されています。

詳細画像はこちら

パワートレインは、2リットルTDIエンジンがブラッシュアップされ、燃費向上と馬力アップがなされそうです。またVW自慢の狭角V型エンジン、「VR6」を搭載する高性能モデルの設定も噂されています。

実現すれば、最高出力は300ps以上を発揮すると思われます。室内では、「トゥアレグ」新型で採用された15インチタッチスクリーン「Innovision Cockpit」の期待もかかりますが、今回のマイナーチェンジでは、見送られそうです。

ワールドプレミアは、早ければ2018年内、遅れれば2019年春頃とレポートされています。

(APOLLO)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

VWパサートが「アルテオン」顔になる!改良型でVR6搭載モデルも登場か(http://clicccar.com/2018/06/15/599480/)