太陽光発電設備などを手がける「サニックス」が、社員に違法な長時間労働をさせたとして福岡中央労働基準監督署から労働基準法に基づく是正勧告を受けていたことが14日、関係者への取材で分かった。時間外労働に関する労使協定(36協定)の上限を超える残業を社員にさせていたなどとして改善を求めている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら