【浜辺美波・中村倫也/モデルプレス=6月15日】日本テレビ系日曜ドラマ『崖っぷちホテル!』(毎週日曜10時30分~)に出演する浜辺美波と中村倫也が、このほどクランクアップを迎えた。

【フォトギャラリー】『崖っぷちホテル!』最終回見どころカット

◆浜辺美波・中村倫也がクランクアップ

岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)が主演、戸田恵梨香がヒロインを務める同作は、かつてはクラシカルな老舗ホテルだったものの、今は負債総額3億に迫る破産寸前のド底辺ホテルが舞台。

ドラマの中で調理部を任されている総料理長・鳳来ハルを演じる浜辺とスーシェフ・江口竜二を演じる中村の“エグハル”コンビがそろってクランクアップ。スタッフからの「オールアップです!」の掛け声に、役柄そのままのとびきりの笑顔を見せた浜辺。猪股監督から花束を渡されると、スタッフに笑顔で何度もお礼の言葉を口にした。

そして「今回、たくさんの方に囲まれて、先輩方も多かったのですが、知れば知るほど、皆さんの人柄にすごく惹かれて大好きになってしまう現場でした。また、みなさんとご一緒できるように頑張ります!」とコメントし、「ありがとうございました!!」と締めくくった。

一方、中村も猪股監督から花束を受け取り、一言を求められると、突然スタッフたちのもとに歩み寄り、「本当にもう、おかげさまでとても楽しい現場でした。ありがとうございました。キャストだけでなくスタッフのみなさんの人柄で本当に、本当に、楽しい、楽しい現場でした」と語り、「シェフのくせに一度も調理シーンがないという、それはちょっとあとでプロデューサーにクレームを入れておきます(笑)」とドラマの内容に不満を漏らす場面も?本編さながらの笑顔溢れるクランクアップとなった。

◆お互いの印象は?

その後、撮影を終えて、改めてお互いの印象を尋ねると、浜辺は「中村さんにはいろんな事を教えていただきました。演技に関しても優しく穏やかに導いて下さいましたし、厨房のシーンは楽しく、本当に勉強になることばかりでした」、中村は「真面目ないい子ですね。かわいいし。幸せになってほしいです(笑)」と語った。

また、思い出のエピソードを聞くと浜辺は「お肉をフランベして焼くシーンがあったのですが、撮影後に中村さんとそのお肉を食べるという事があってすごく美味しかったし、ご褒美のような感じがして印象的でした」と17歳らしい可愛いエピソードを披露した。

◆最終回はどうなる?

17日放送の最終回ではスタッフ一丸となり宇海の夢だった花火大会を大成功させた矢先、佐那はバリストンホテルの支配人から宇海を引き抜き返したいと言われる。

崖っぷちからグランデ・インヴルサを救った宇海と、『夢の場所』を守り続けるために佐那が下した誰もが涙するその最後の決断とは?全ての伏線が絡み合い、物語は完結へと向かう。(modelpress編集部)

■最終回あらすじ(6月17日放送)

スタッフ一丸となり宇海(岩田剛典)の夢だった花火大会を大成功させた矢先、佐那(戸田恵梨香)はバリストンホテルの支配人から宇海を引き抜き返したいと言われる!さらに、スキャンダルを嗅ぎ回っていた密着番組の放送日が変わり、内容を事前確認できなくなったことにも不安を抱える佐那。そんな中、連日満室のホテルには急遽川北久美(谷村美月)率いる11人の団体客がやってくる。業務見学目的で来たという団体客は忙しい厨房や清掃の様子を見て回り…。実は久美は崖っぷち経営に悩むホテル・スイーヴルの若き支配人。崖っぷちからの大逆転を遂げたインヴルサに学びたいという相談を受けていた宇海が呼び入れていたのだ。

しかし、スイーヴルのスタッフは若い久美に反発する宿泊部や飲料部、強面のフロントや手癖の悪い清掃員など、曲者ぞろい!それはよく見ると3ヶ月前の自信のなかった佐那とやる気のなかったスタッフ一人一人にまるで生き写しで…!!そのことに気づいた裕子(川栄李奈)は宇海の行動にある予感がし、時貞(渡辺いっけい)たちに相談。同じ頃、佐那も宇海の行動に胸騒ぎを感じていた。

それは、インヴルサでの仕事をやりきった宇海が新たな大逆転のワクワクを求めてスイーヴルに行くつもりではないか、という予感。そして、少し話をしたいという宇海に連れられ、佐那は二人の始まりの場所であるプールへと来る。そこで明かされるのは、宇海がこのホテルに来た本当の「理由」であった…。

全ての伏線が絡み合い、物語は完結へと向かう。そこにあるのは、このドラマ史上最大の感動のクライマックスであった。崖っぷちからグランデ・インヴルサを救った宇海と、『夢の場所』を守り続けるために佐那が下した誰もが涙するその最後の決断とは!?


【Not Sponsored 記事】
中村倫也、浜辺美波(C)日本テレビ