2018年6月15日(金)新国立劇場 中劇場にて初日を迎えるミュージカル『魔女の宅急便』。初日前日に公開フォトコールが行われ、キキ役の福本莉子、トンボ役の大西流星(関西ジャニーズJr.)らが本番さながらのステージを披露、その後、囲み会見には福本、大西と共に生田智子、横山だいすけ、白羽ゆり、ライセンス・藤原一裕が登壇した。

(左から)横山だいすけ、生田智子、福本莉子、大西流星、白羽ゆり、藤原一裕

(左から)横山だいすけ、生田智子、福本莉子、大西流星、白羽ゆり、藤原一裕

ミュージカル『魔女の宅急便』

ミュージカル『魔女の宅急便』

本作は、角野栄子の同名児童文学を元に舞台化。岸本功喜が脚本・演出を務める。昨年はキキ役を上白石萌歌、トンボ役をジャニーズJr.内ユニット「Love-tune」の阿部顕嵐が演じた。今年キキ役を演じる福本は『第8回東宝シンデレラオーディション』でグランプリを射止めた期待の新人。本作が初舞台にして初主演となる。

福本莉子

福本莉子

ミュージカル『魔女の宅急便』

ミュージカル『魔女の宅急便』

キキ役を演じる福本は、初舞台の感想を聞かれ「最初は不安でいっぱいでしたが、稽古では皆さんがとても優しく、キキとして生きるのがすごく楽しくなりました」と明日の初日を前に喜び一杯。公開フォトコールではほうきにまたがり、空を飛んで実家を旅立つ場面が披露されていた。「フライングは怖いかと思ったんですが、やってみたら怖くなかったです。ジェットコースターに乗るのが好きなタイプなんです」と笑顔。

大西流星

大西流星

大西は、関西ジャニーズJr.から一人で舞台に出演するのが初めてとなる。「(会見で)両脇に女性がいるというのが初めて。いつもは男に囲まれてますから」と笑いを誘う。福本と同様に当初は嬉しさと緊張がないまぜになっていた大西だったが「練習をするたびに本作が好きになっていくし、自分のパートだけでなく他の人のパートも歌ってしまったり…いい曲ばかりです」と作品愛を語っていた。またトンボ役の先輩・阿部と一緒に食事に行ったことに触れ、「このシーン、楽しいよね!と想いを分かち合えてすごく楽しかったです。『すごく緊張するだろうけど大丈夫だから』と励ましていただき、背中を押していただきました」と嬉しそう。

17歳の福本と16歳の大西。キラキラ輝いてます!

17歳の福本と16歳の大西。キラキラ輝いてます!

福本と大西は共に関西出身ということで、二人で喋るときは関西弁になるのか?という質問が飛ぶと、大西は「理子ちゃんは最近標準語になってきて…東京の水に染まったんか?」と軽くいじる。「そんな事ないです。関西を忘れていません」と抵抗する福本に大西は「演出の先生(岸本)も関西の人なので、関西で稽古をしていた時は皆で関西弁で喋り和気あいあいとしていたんです。いざ東京の稽古場に来たら『そうなんだねー』って(福本が標準語を使っており)ああ、染まったな…と」とわざと追い込む。その様子を見てパン職人フクオ役の藤原が「初日前に何溝を作ろうとしてるん(笑)?」と突っ込むと、フクオの妻、おソノ役の白羽がたまらず笑い出していた。

藤原一裕

藤原一裕

白羽ゆり

白羽ゆり

生田智子

生田智子

横山だいすけ

横山だいすけ

キキの母・コキリ役の生田は福本と本物の親子のように仲が良く、会見中の何度となく手を握り合い、常にお互いの腕などに触れている状態。「初日を前にして(福本を)産んだような気分です」と笑うその横でキキの父・オキノ役の横山が「いつもこうなんです。稽古中もいちゃいちゃしていて、僕はそれを遠くから眺めていました。ちょっと僕も中に入れてくれるかなあ」と「父」としてのジェラシーを見せつつも「舞台袖からキキの成長を見守っています。お父さんというよりお爺ちゃんみたいな気分です」と“だいすけおにいさん”とは違う表情を見せていた。

ミュージカル『魔女の宅急便』

ミュージカル『魔女の宅急便』

生田が福本の耳元で…

生田が福本の耳元で…

本作の見どころについて問われると、慣れない会見で言葉が上手くまとまらない福本の様子を見ていた生田がそっと耳打ち。すると福本が「お母さんとの喧嘩のシーン!」と声を出す。その言葉に「言わせてるし!」と藤原や白羽らが突っ込み、また大笑い。一方、大西は「原作、映画とも違っていて、キキとトンボの関係性がすごく深く書かれている作品なので、最初はトンボもキキに慣れてないんですが、トンボがキキの人間性を見て、LIKEがLOVEに変わっていく瞬間を目に焼き付けて欲しいです」と、若干16歳ながらもこの世界の先輩らしく、きちんとまとめていた。

ミュージカル『魔女の宅急便』

ミュージカル『魔女の宅急便』

ミュージカル『魔女の宅急便』

ミュージカル『魔女の宅急便』

ミュージカル『魔女の宅急便』

ミュージカル『魔女の宅急便』

ミュージカル『魔女の宅急便』

ミュージカル『魔女の宅急便』

今後の活動が注目される福本莉子の「最初の一歩」をぜひ見届けていただきたい。

取材・文・撮影=こむらさき

ミュージカル『魔女の宅急便』