【元記事をASCII.jpで読む】

 新規開発の「レッツノート LV7」シリーズを含む、「レッツノート」シリーズ、2018年夏のラインアップが出そろった。発売は6月15日。店頭モデルの価格はいずれもオープンプライス。シリーズ全体での生産台数は41万台を予定している。

 新製品発表会で、パナソニック コネクティッドソリューションズ社 モバイルソリューションズ事業部の坂元寛明事業部長は、事業の好調さをアピールした。出荷台数は、昨年度の33万台から2017年度は42万台に伸び、前年比133%の成長を遂げている。1月のSV7の発表会では着地見込みとして2017年度40万台を公表していたが、この数値はさらに伸び、「21年の歴史の中でレコードセールス」になったとする。また、2018年第1四半期の実績として「13型以下のノートPCおよびコンバーチブルPCで67%のシェアを獲得」(IDC Japanの調査)。「14年連続でモバイルノートPC市場のシェアNo.1を獲得した」と話す。

 ただしその要因としては「商品力うんぬんではなく、企業トレンドがモバイル市場をけん引していることが大きい」と冷静に分析。「移動時間の削減」「デスクトップからモバイルへの移行」「フリーアドレス制」という3つの側面に触れながら、「働き方改革の文脈の中でモバイルノートの導入が急速に進んでいる」とした。

 パナソニックも汐留のオフィスでフリーアドレス制を導入しているが、「オフィスを区切るパーティションが意思決定のチェーンを阻害する」など、ワークスタイルの変革が今後重要になる点について言及した。

 現在レッツノートのユーザーは3/4が法人、残りが量販など個人向けとなっているが、2017年は85%まで法人比率が高まったとのこと。Windows 7のサポート終了を目前に控えた駆け込み特需という意味合いもあり、出荷台数の半分以上がWindows 7搭載とのことだが、2018年度中にWindows 10の導入を促していく考えだ。

 さらにハードだけではなく「リモートワーク」「モバイルワーク」など多様な勤務形態に対応するためのサービスに積極的に取り組む点もアピール。1月に発表した「働き方改革支援サービス」について、150社と商談中であることを明らかにした。まだ導入には至っていないが、そのうちの3社(王子イメージングメディア、九電ビジネスソリューションズ、竹中工務店)は試験運用の段階に進んでいるという。

 またパソコン導入に際する「導入」「管理」「廃棄」についてもメーカーとして積極的にサポートしていく。神戸工場が直接提供する「レッツノートLCMサービス」を通じて、コールセンター業務、ダイレクト修理、バッテリー交換、スピード交換&復旧サービス、データ消去&引き取りサービスなど、PC運用のライフサイクルに沿ったサービスを提供する。加えて導入時に便利な工場キッティング、拡張保証、HDD/SSDデータ消去、働き方改革支援サービスなども提供。IT部門の負担を減らし、場合によってはメーカーに丸投げでアウトソースできるサービスとして、2018年度中の順次サービス開始を目指している。

注目は14型の第8世代Core i搭載機

 既報の通り、LV7は第8世代のCore iプロセッサーを搭載した、14型モデルで、設計と開発は1月発表の「レッツノート SV7」と並行して進められたものとなる。

 LV7の発売に至ってプロモーションにも力を入れている。以前からCMなどに出演していた比嘉愛未に加え、映画/ドラマ『コードブルー』で共演した浅利陽介、馬場ふみかも出演する「劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急指令-」(公開7月27日)とのタイアップCMの放映も決定している。ドラマの設定を活かし、レッツノートの機能を訴求する内容となっており、分かりやすくレッツノートの魅力が伝わる内容になっている。

 SV7の12.1型とひとまわり大きな画面と筐体サイズになるが、マザーボードの共通化をはじめとして、仕様の多くがSV7と同等になっている。売りのひとつは、SV7から導入されたパワーデリバリー対応のThunderbolt 3/USB Type-C端子だが、バッテリーパックも同じものが使えるため、企業で一括導入する際の検証の手間を省いたり、消耗品やオプション類を個別に用意する必要がない。モバイルワークを主体にするか、デスクワーク/リモートワークを主体にするかなど、利用シーンだけを考慮して選択できる点がメリットと言えるだろう。

軽量化と長時間駆動のバランスを得るため、細かく調整

 光学式ドライブを装備しながら、重量は1.25kgと従来機のLX6シリーズよりも25gほど軽くなっている(SSD/バッテリーパック(S)搭載モデル)。キーボード面の素材を厚さ0.8mmの樹脂から0.45mmのマグネシウム合金製に変え、さらにマグネシウム合金製の底面も0.5㎜から0.4mmに薄型化したほか、さらにHDD交換など拡張性を維持するために取り入れてた補強材を一部削った。

 筐体素材の変更を通じて50gほどの軽量化が図れたそうだが、搭載するバッテリー容量も増やしており、駆動時間に関してはLX6の10時間から13時間と30%も伸びている。

 ちなみに、バッテリーパック自体の重量はLX6と比べて100g程度も軽量化している。バッテリーパック(S)のセル数は3つから4つに増加。3セルの直列から2セル×2の並列になるため電圧が10.8Vか7.1Vに下がっているが、バッテリー制御の調整によって問題なく動作するよう配慮されている。バッテリーパック(L)のセル数は6つで、2セル×3の並列になるため、1.5倍ほど駆動時間が増す計算になる。

 すでに述べたように、SV7と共通化されているが、液晶パネルのサイズの違いによって、SV7の約21時間/14時間に対して、約19.5時間/13時間に若干駆動時間が制限される。

 ちなみに筐体に関しては、光学式ドライブが不要な企業に向け、一体型のボトムケースも選べるようにする計画だという。工場での生産時にはまず一体型のケースを製造。ドライブ用の取付口は後から別途空ける形だ。

SV7の特徴を継承しつつ、レッツノートらしさを追求

 キーボードに関してもSV7と同等で、上下ともにキーピッチは19㎜、ストロークは2㎜と余裕のあるサイズ。レイアウト上、妥協するメーカーも多い右下キーに関しても均等ピッチにこだわっている。カーソルキーは独立したもので、片手で右下のFn+BackSpaceを押すだけで「Ctrl+Alt+Del」が呼び出せたり、円形ホイールパッドなどパナソニックならではの機能も取り入れている。

 またビデオ会議などが増えている点を考慮し、スピーカーについても再設計。出力を2倍にして、本体だけでも会話を聞き取りやすくしたという。

 SSDに関してはPCIe接続の選択も可能。ウェブ直販モデルのカスタマイズでは最大1TB(7万5000円)の選択が可能となった。ほかにWindows Helloの顔認証やUSB 3.0より約8倍高速とするThunerbolt 3の高速転送も特徴となる。USB Power Deliveryに加え、複数ディスプレーなどの周辺機器をひとつにまとめられる。

カスタマイズモデルも登場

 なおパナソニック ストアで展開する直販モデルも6月23日に発売し、すでに予約を受付ている。LV7を例にとると、CPUに店頭モデルとは異なるCore i7-8650U vPro(1.90GHz)/Core i5-8350U vPro(1.70GHz)、PCIe接続で最大1TBのSSD、LTEモデル、最大16GBメモリー、ジェットブラックモデル、カラー天板、4年特別保証プレミアムなどが選べる。よりハイスペックなモデルを求める人にとっては最適な選択肢だ。

【本日発売】働き方改革にも利く、新「レッツノート SV7」のすべて