鉄鋼王カーネギー、発明王エジソン、数学者フェルマー。この3人はいずれも、学校教育でなく、「独学」で成果を残した人物だ。現代は「知の制度化」が進み、かつてのような独学は通用しないといわれる。だが、それは本当だろうか。早稲田大学ビジネスファイナンス研究センター顧問の野口悠紀雄氏は、いまや独学こそが最先端に追いつき、未知の世界を開拓する最善の方法だと指摘する――。

型にはまらないアプローチが成果を生む

独学は創造的な勉強法です。勉強する対象への型にはまらないアプローチは、ときとして独創的な成果を生み出します。

アメリカ独立宣言の起草委員であり、独立宣言に最初に署名した5人の政治家のうちの一人であるベンジャミン・フランクリン(1706年-1790年)は、政治家であるだけでなく、物理学者、気象学者でもありました。凧を用いた実験で、雷が電気であることを明らかにしたのは有名です。

フランクリンは学校の成績は優秀でしたが、学費の負担が重いので、10歳で退学し、印刷業者の徒弟になりました。仕事場にある本や新聞などの印刷物を、仕事の合間に読みあさり、数学や科学の初歩を学ぶことができました。昼休みになると、一人職場に残り、弁当をさっさと食べてしまいます。あとは本を読んで過ごしました。

あるとき、活字を組んでいた哲学書の内容に根本的な誤りがあると感じ、それを論文にまとめ、小冊子としてわずかな部数印刷しました。すると冊子を読んだライオンズという人物が訪ねてきて、思想家のバーナード・デ・マンデヴィル(1670年-1733年)を紹介してくれたのです。それは飛躍のきっかけとなる出来事でした。

独学で鉄鋼王にのぼり詰めた男

スコットランドに生まれ、両親とともにアメリカに移住したアンドリュー・カーネギー(1835年-1919年)も、読書による独学をしています。貧しかった少年時代、本を買うことはできず、図書館も普及していませんでしたが、近くに住んでいる篤志家が、働く少年たちのために毎週土曜の夜に約400冊の個人蔵書を開放してくれたのです。カーネギーはそこに通って読書好きになりました。

1870年代にピッツバーグで創業したカーネギー鉄鋼会社は大成功し、1890年代には、同社が世界最大で最高収益の会社となりました。

カーネギーは、引退後の人生を慈善活動にささげ、教育、科学研究などに多額の寄付をしています。中でも、公共図書館の設置に力を入れました。全部で2509もの図書館を建設しましたが、それは、少年時代に利用できた個人図書館への恩返しだったのかもしれません。

「フェルマーの最終定理」も独学から生まれた

学者では、数学に独学者が多くいます。実験器具などが必要なく、座学でできるからでしょう。

最も有名な「素人数学者」は、ピエール・ド・フェルマー(1607年-1665年)です。フランスのトゥールーズで弁護士の資格を取得し、そこで法律家として一生を過ごしました。仕事のかたわら数学を独学で学び、一人で研究を続けて、確率論の基礎を作り、解析幾何学を創設しました。「フェルマーの最終定理」と呼ばれるようになった有名な命題は、彼が書き残してから360年後に証明されるまで、誰一人として証明も否定も成功せず、数学の最難問の一つであり続けました。

フェルマーが数学に目覚めたきっかけは、古代ギリシャの数学書、ディオファントスの『算術』に出会ったことだとされます。それから、趣味として数学の研究を始めました。フェルマーの最終定理も、この書物の欄外に、さまざまな書き込みとともに残されたものでした。

■エジソンもゲーテも「独学派」だった

発明家にも独学者は多くいます。最も有名なのはトーマス・エジソン(1847年-1931年)でしょう。生涯に蓄音機、電気鉄道、鉱石分離装置、白熱電球、活動写真等々、2332件もの特許を取得しました。

エジソンは小学校に入学しましたが、教師と騒動を起こして、3カ月で中退してしまいました。このため正規の教育を受けられず、図書館などで独学しました。新聞の売り子として働いて得たわずかな金をため、自分の実験室を作りました。16歳の頃には電信技師として働くようになり、さまざまな科学雑誌を読んで学び続けました。その原動力となったのは「知りたい」という欲求だったのです。

芸術の世界にも、独学で大きな功績を残した人は多くいます。

ワイマール公国の枢密顧問官だったヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749年-1832年)や、日本の陸軍軍医だった森鴎外(1862年-1922年)は、文学者としては独学でした。チリ出身で、20世紀を代表するピアノの巨匠と呼ばれるクラウディオ・アラウ(1903年-1991年)も、ピアノを独学で学び、5歳で最初のリサイタルを開いています。美術の世界ではアンリ・ルソー(1844年-1910年)が有名です。法律事務所で働き、軍役を経て、パリ市の税関職員になりましたが、仕事の合間に絵を描いていました。

「大組織」の時代でも失われない価値

ここまで述べてきたのは、ほとんどが20世紀初め頃までの人です。「彼らが成功できた時代とは背景が違うから、現代には通用しない」という意見があるかもしれません。では、彼らの成功物語は、「古き良き時代の牧歌的挿話」であり、単なるノスタルジーにすぎないのでしょうか?

20世紀になって大組織の時代になると、社会の条件が大きく変わったことは間違いありません。学歴社会が形成され、高学歴でないと組織に入って仕事をすることが難しくなりました。組織化、官僚化が進めば、独学だけで専門家集団のトップに立つのは、難しくなります。また、技術開発には多額の資金が必要となり、知の制度化が進むと、個人発明家の役割は限定的になります。

このような側面があることは、否定できません。しかし、だからと言って、彼らの経験が現代社会で無意味だとは言えないのです。彼らが活躍した時代にしても、高学歴の人々が勢力を持っていました。独学の人々は、こうした環境にめげず、権威ではなく、自分の力を信じたことによって成功を手にしたのです。

独学者だからこそ新しい発想ができます。独学の真骨頂とは、「常識的な考えにとらわれている人ならやらないことを、試みる」ということなのです。ドイツの高名な数学者ゴットフリート・ライプニッツ(1646年-1716年)は、「独学のおかげで、空虚でどのみち忘れてしまうような、また根拠ではなく教師の栄誉を意味するような事柄から免れ、どの学問でも熱心に諸原理に至るまで探求することができた」と言っています。

因習的な考えから脱却して、新しい発想で考える。閉塞的な日本の現状を打破するには、こうしたことこそが最も重要です。

■独学だからこそ最先端に追いつける

もう一つ重要なのは、新しい動きが始まっていることです。

時代の変化が激しければ、独学を続けないかぎり、最先端には追いつけません。また、大きな変化が起これば、これまで誰も手をつけていない世界が広がります。そこで新しい事業を起こすには、独学で身につけたノウハウで、手探りで進むしかないのです。

■ITは「知の制度化」を破壊する

それを象徴するのが、現代中国の巨大IT企業、アリババ集団の創始者ジャック・マーです。彼は大学受験に2度失敗し、三輪自動車の運転手をしていました。その後、英語の教師となり、1995年にたまたまアメリカに行ったときにインターネットの将来性に感激し、1999年に会社を設立したのです。そして、まったく独力で、世界最先端のIT企業を作り上げました。

ITは、知の制度化を大きく破壊しています。大学で学んだ知識は陳腐化してしまっています。他方で、ウェブを見れば、最先端のことまで分かります。

制度化された現代の最強のギルドである医学さえ、最先端の分野では変化から免れません。例えば、AIによって自動診断が可能になると、診療の分野にデータサイエンスの知識が必要になり、伝統的な医学だけでは不十分ということになるでしょう。

そして、AIの時代になれば、知の世界はさらに根本的な変化にさらされます。それによって、独学への先祖返りが起きるでしょう。

----------

野口悠紀雄(のぐち・ゆきお)
1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業。64年大蔵省(現・財務省)入省。72年イェール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て2011年4月より早稲田大学ビジネスファイナンス研究センター顧問。一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。ベストセラー多数。Twitterアカウント:@yukionoguchi10

----------

大学受験に失敗して独学でITを学び、世界最先端の企業の一つアリババを築き上げたジャック・マー氏(写真=つのだよしお/アフロ)