TOKYO FMでは、KAJIMOTOとともに、今年7月より新進気鋭の若手アーティストとリスナーを繋ぐ試みとして、『BLUOOM(ブリューム)』と題したコンサートを立ち上げます。その第一弾として、2018年7月24日(火)に、今年4月にメジャー・デビューを果たした小林愛実、辻彩奈が出演する『BLUOOM FEATURING AIMI KOBAYASHI AYANA TSUJI LIVE AT TOKYO FM HALL』を半蔵門のTOKYO FMホールにて開催いたします。チケットは6月22日(金)10:00から、各種プレイガイドにて発売。どうぞお楽しみに。
◆現代の感覚にマッチしたアーティストとリスナーが出会うコンサートスタイルを提案します!
『BLUOOM(ブリューム)』とは、BLUEとBLOOMを掛け合わせた造語。未知の可能性を秘めた実力派若手アーティストとリスナーの出会いの場として、また、現代の感覚にマッチしたクラシックコンサートのスタイルを提案してまいります。
小林愛実
辻彩奈

【TOKYO FM×KAJIMTO『BLUOOM FEATURING AIMI KOBAYASHI AYANA TSUJI LIVE AT TOKYO FM HALL』
概要】
■日時:2018年7月24日(火) 18:15開場/19:00開演 ■会場:TOKYO FMホール(千代田区麹町1-7)
■出演アーティスト:小林愛実、辻彩奈
■チケット料金 スタンディング:¥3000 全席自由:¥4,000 (税込)
■チケット一般発売:2018年6月22日(金)10:00~
カジモト・イープラス/イープラス/チケットぴあ/Tチケット/楽天チケット

※未就学児童入場不可
※定員になり次第受付を終了いたします。あらかじめご了承ください。
※当日、イベントの模様を撮影した写真、映像等はプロモーションのために使用いたします。お客様が映り込む可能性がありますのであらかじめご了承ください。

“BLUOOM”を構成する要素

【センターステージ】
ステージの上にいるアーティストと席に座るオーディエンスの間にある物理的な距離を極力取り払い、360°、ステージを取り囲む形で座席を配置します。どのお席でも至近距離で白熱のパフォーマンスをお楽しみいただけること間違いありません。


【スタンディングエリア】
クラシックコンサートの会場は着席が基本。
落ち着いて聴ける一方、本当はもう少し音楽を感じながら楽しみたくても、周りが気になって微動だにできなかった
経験はないでしょうか。ちょっと窮屈になっていたかもしれないその聴き方を少し自由に。

【ブルーライト】
会場はロビーからホール内も含めて今回のテーマの一つである「ブルー」ライトで彩ります。統一したイメージでお楽しみいただくとともに非日常感を演出します。


【出演者プロフィール】
小林愛実
小林愛実(ピアノ)
1995年山口県生まれ。3歳からピアノを始め、7歳でオーケストラと共演、9歳で国際デビュー。これまでに、アメリカ、パリ、モスクワ、ポーランド、ブラジル等に招かれ、スピヴァコフ指揮モスクワ・ヴィルトゥオーゾ、ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ、ジャッド指揮ブラジル響など国内外における多数のオーケストラと共演。14歳でEMI ClassicsよりCDデビュー。発売記念のリサイタルは完売、追加公演はサントリーホールで日本人最年少となるリサイタルを開催。2015年「 第17回ショパン国際ピアノ・コンクール」に出場、ファイナリスト。2018年ワーナークラシックスとのインターナショナル契約を発表、4月に新譜「ニュー・ステージ~リスト&ショパンを弾く」をリリース。8歳より二宮裕子氏に師事し、2011年桐朋学園大学付属高校音楽科に全額奨学金特待生として入学。現在、フィラデルフィア・カーティス音楽院で、マンチェ・リュウ教授のもと研鑽を積んでいる。

辻彩奈

配信元企業:株式会社エフエム東京

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ