壮大なのに姑息、大真面目なのに可笑しくて、卑劣で残忍なのに惹きこまれる。各国でスマッシュヒットしながらも、ロシアで上映が禁止され話題を呼んだ『スターリンの葬送狂騒曲』。8月3日(金)より全国で順次公開が決定している本作の予告編が公開された。

【関連映像】史上最も黒い≪実話≫に基づく超問題作『スターリンの葬送狂騒曲』の予告編はこちら

舞台は1953年の旧ソ連。"粛清"という名のヒトラーにも劣らぬ大量虐殺で、世界を恐怖に陥れた独裁者ヨシフ・スターリンが急死した。媚びへつらっていた側近たちは「今うまく立ち回れば、自分に後釜のチャンスが!」と厳かなはずの国葬の裏で、最高権力の座を巡る狂気のイス獲りゲームを始める。

監督は、エミー賞受賞とアカデミー賞ノミネートの経験をもち、米国の女性副大統領を主人公にその日常を描いたコメディドラマ『Veep/ヴィープ』や、米英両国の閣僚や官僚を描いた映画『In The Loop(原題)』など、政治風刺作品に定評のあるアーマンド・イアヌッチ。

実在の人物を演じる気になるその俳優は、フルシチョフ役にスティーヴ・ブシェミ(『ファーゴ』)が、マレンコフ役にジェフリー・タンバー(『ハングオーバー!』シリーズ)がキャスティングされている。ほかにも、オルガ・キュリレンコ(『007/慰めの報酬』)や、マイケル・ベイリン(『モンティ・パイソン』シリーズ)、ルパート・フレンド(『HOMELAND』)、ジェイソン・アイザックス(『ハリー・ポッター』シリーズ)など、海外ドラマでもお馴染みの個性派俳優陣が名を連ねる。

だまし裏切り殺し合う。最後に笑うのはいったい誰だ!? 『スターリンの葬送狂騒曲』は、8月3日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか、全国順次ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:『スターリンの葬送狂騒曲』
(C)2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE 3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD