パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり派遣先に就業に行く契約で、派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている奥山裕子さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。

明るめの茶髪でふんわりとした肩までのウェーブヘアに、薄いブルーと白色のストライプのシャツを胸元のボタンを開けて、ボトムには薄いブルーのスキニーデニム、ヒールの高い黄色のパンプスを履いていました。ブランド物の大き目の白地トートバッグには、無造作に荷物が詰め込まれていました。「母親と同居しているのですが、靴とかバッグとか共有しているんです」と語る裕子さん。

現在は、外資系の保険会社で、営業事務として働いています。「実はワンポイントのタトゥーを入れているのがばれて、仕事を辞めたことがあるんです」という彼女。職場のわずらわしい人間関係が嫌なため、正社員や契約社員になることを考えていないと言います。

裕子さんは千葉県柏市で生まれ育ちました。配送業務のドライバーをしていた父と、化粧品販売の母の3人家族でした。

「両親は、私が中学を卒業する頃に離婚しました。両親は仲が悪かったのですが、私の高校受験が済むまでは我慢して一緒にいてくれたみたいです」

現在は、母と千葉県のマンションで暮らしています。

「父は仕事が忙しくて家をずっと空けていたんです。母も販売業だったので休みの日もいないことが多くて、休日はおばあちゃんの家で過ごしていたので、そっちの記憶の方が強いですね。両親の離婚後は、母の実家近くのマンションに引っ越しました。今も母とは仲が良くて、LINEで連絡したりしています」

両親の離婚をきっかけに、高校デビュー。飲酒がばれ厳重注意

校則が厳しかった中学とは違い、進学した高校は制服や髪形も比較的自由でした。

「両親が離婚の話し合いをしていたのを知っていたので、母の実家に近い県立高校に進学できるように勉強しました。同じ中学から進学した人が少なかったので、高校デビューできるって思いましたね」

高校では、バスケットボール部に所属し部活動に励みます。友人にも恵まれ、充実した学生生活を送ります。

「高2の時、文化祭のクラスの出し物の打ち上げでカラオケボックスで飲酒をしたり、ちょっと喫煙したのが学校にばれたんです。母が学校に呼ばれて厳重注意されただけで済んだのですが、大学の推薦はこれで貰えなくなったなって思いました」

高2になると、進路について考え始めます。

「通っていた高校は、自分で塾に通い始めないと有名私大には合格ができないような授業のカリキュラムだったんです。目標がある子は高2くらいから予備校に通いだして、部活もやめたり。大学には進学はしたいけれど、みっちり勉強をするのは嫌だなって思って海外留学できないか、親に相談しました」

日本の大学を受験するよりも、海外留学を希望します。

「親には反対されたのですが、祖母が私の成人式費用にって貯めていてくれたお金を貰って、海外の大学と提携しているアメリカの語学学校に半年間入学しました。留学準備は数か月間日本で英会話学校に通っただけで、”行けば何とかなるかな”って思っていました。日本人がいる寮に住んでいたので、部屋に戻ると日本語を使う生活をしていたせいか、思っていたよりは語学力が上達しなかったです。在学中はレポートを英語で書く必要があり苦労したので、海外の大学へ編入せずに日本の学校にしようと考えました」

帰国後は就職か進学か迷いますが、フリーターを続けます。

「留学から日本に戻ってからは、しばらくフリーターをしていました。日本に来ている観光客向けの飲食店でバイトをしたり、外国人が集まるバーで働いたり。自分なりに英語を使う機会を探していました。学費を少し貯めてから、21歳の時に語学の専門学校に入学しました。2年制だったので、卒業したのが23歳ぐらいでした」

就職前に、海外旅行に出かけたのが転機となります。

「1年に、2回くらいは海外旅行に出かけないと息苦しくて変になってしまいそうって感じますね。実は、足の甲の部分にLOVEという文字と、腰の上の方にトライバルと呼ばれる模様のタトゥーを入れているんです。最初のタトゥーは、23歳の時に友人と卒業旅行でタイに行ったときに腰に入れました。向こうで入れると日本よりも安く入れられるんです」

社員旅行でタトゥーがばれ、周りから孤立し依願退職。同棲するために神戸に移住するも1年で破局。流れ流れて派遣社員へ。~その2~に続きます。

懲りずに、次はバタフライ柄を腕に入れたいと思っているのだとか。
関連画像