シニア中心に、その健康増進効果からブームとなっているハイカカオ・チョコレート。また腸内環境が健康の鍵ということで乳酸菌もブームに。その両方の魅力を併せ持つのが『乳酸菌ショコラアーモンド カカオ70』だ。

ポリフェノールの抗酸化作用と腸に良いプロバイオティクスの両方の魅力をチョコでまとめ上げ!

ロッテの「乳酸菌ショコラ」シリーズは、生きた乳酸菌を食べられるということで腸内環境に熱視線のシニアに人気のチョコレート菓子シリーズ。今回紹介するロッテ『乳酸菌ショコラアーモンド カカオ70』(86g・実勢小売価格 税抜約310円・2018年5月15日発売)は、さらにシニアから火がついた”いつまでも錆びない”ための抗酸化物質・ポリフェノールを含んだハイカカオ・チョコレートの魅力を追加した製品だ。

これはなかなか強力。さらに食物繊維も含まれているので、ヘルシー度はマックスと言えるのではないだろうか。

日々チョコレートを食べることによって健康に、という調子の良い習慣を取り入れるために、この『乳酸菌ショコラアーモンド カカオ70』は最適だと思う。もちろん美味しければ、の話だが。

なので実際に食べて確かめてみたい。

深いグリーンの箱の中、固定されることなくコロコロと収まっているのは、色の黒いアーモンドチョコレート・サイズのボール。一つ取って食べてみる。うん、確かにハイカカオ独特の酸味は少し感じるものの、許容範囲。乳酸菌も酸っぱい範疇の味わいを持つが、それに関してはほぼ同化していてわからない。

甘すぎないチョコレートを好む人なら、ジャストミートの少しほろ苦い味仕立て。中央に入っているアーモンドもカリッと香ばしくて、美味しい。

メタボ人にとって気になるカロリーは1箱501kcal。糖質は19.2gという低糖質。健康のために今日から始められる美味しい習慣。チョコ好きにとってはもう、言うこと無いはずだ。

 

 

入手は全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

 

 



記事/おためし新商品ナビ