【元記事をASCII.jpで読む】

 ニュースやメール、レシピなど、iPhoneで文章を読む機会は少なくありません。「細かい文字が読みにくい」、「目を休ませたい」と思ったことはありませんか? 今回はiPhoneの「スピーチ」を使った「読み上げ」機能を紹介します。

 まずは「読み上げ」を設定しましょう。「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」内の「スピーチ」をタップ。

 「選択項目の読み上げ」と「画面の読み上げ」をタップします。

 「読み上げ」機能が設定できました。テキストを読み上げてみましょう。

 まず、読み上げたい文章を選択します。

 選択メニューの矢印マークをタップして、メニューの項目を見ていきます。

 「読み上げ」という項目をタップ。

 選択された文章が、音声で読み上げられます。

 画面の表示内容を読み上げてほしいときは、下から2本指でスワイプ。

 コントローラーを使って、一時停止や、読み上げスピードの調整ができます(亀が遅く、ウサギが早くします)。

 ただし、単純なテキストのみがずっと載っているサイトはあまりないので、選択項目の読み上げの方が利便性は高いかもしれません。

 視覚をサポートする機能に位置付けられていますが、ハンズフリーで長文を把握したいときなどにも活用できる機能です。

iPhoneに音声を読み上げてもらう方法