【大きい画像を見る】一目見ればわかる…『The Awesome Adventures of Captain Spirit』は『ライフ イズ ストレンジ』なのだと―プレゼン&インタビューに突撃【E3 2018】

『ライフ イズ ストレンジ』シリーズと同じユニバースを共有しているDONTNODの新作無料タイトル『The Awesome Adventures of Captain Spirit』。シリーズ作品には登場したことのない新キャラクターが描かれる本作には、謎の満ちた部分が多く存在しています。Game*Sparkでは、そんなベールに包まれた『The Awesome Adventures of Captain Spirit』のメディア向けプレゼンテーション、およびクリエイティブ・ディレクターRaoul Barbet氏への合同インタビューに参加しましたので、その内容をお届けします。

そこにあったのは、間違いなく『ライフ イズ ストレンジ』だった

プレゼンを担当したプロデューサーLuc Baghadoust氏より明らかにされたのは、本作がシリーズ作品と同じユニバースであるものの、『ライフ イズ ストレンジ 2』ではないということ。また、グラフィックの大きな特徴として、『ライフ イズ ストレンジ』で使用されたUnreal Engine 3からUnreal Engine 4へと移行したとのこと。主人公クリスは10歳の少年で、アルコール依存(朝から飲んでいる)の父親と同居していて、母親はいません。

父親はとても優しいが、朝から酒を飲んでいる
実際のゲームプレイを見て最初に抱いた感想は、「『ライフ イズ ストレンジ』とタイトルには入っていないが、一目で『ライフ イズ ストレンジ』だとわかる」でした。グラフィックはもちろんですが、オープニングの選曲も同様で、ファンなら最初から世界に引き込まれるはず。クリスは、タイトルにもある「キャプテンスピリット」というヒーローの絵を描いており、ここからプレイヤーの操作が開始します。絵を描いている際は、キャプテンにヘルメットもしくはマスクを装着させる、ライトアーマーかヘビーアーマーを着せる、装備の色を暗めにするかカラフルにするか、などをプレイヤーが選択します(このときはプレゼンに同席したメディアが選んだ)。

プレイ感としては、『ライフ イズ ストレンジ』をプレイしていた方にとっては特に悩むことはなさそうで、特定のモノをインタラクトできるしくみは変わらずでした。ただし、クリスはスーパーパワーを持っており、テレビの電源を左手に宿るハンドパワーで消したり(本当は右手にリモコンを持っている)、紙パックが浮いて勝手に飲み物が注がれたり(父親が注いでくれただけ)していました。実はこのクリス、イマジネーションの中で遊んでいるので、スーパーパワーを本当に持っているわけではありません。なんだか体がむず痒くなるようななりきりっぷりはとても少年らしくて良いですね。また、本作でも時間制限のある選択肢が用意されていました。


クリスは、To Doリストのようなクエストをいくつか持っており、それを一つずつ探してクリアしていくことが目標として存在しています。デモでは家のとある場所に潜んでいる「WATER EATER」という敵と対峙するのですが、これももちろん想像の産物。『ライフ イズ ストレンジ』を踏襲しつつも、主にグラフィックや描写の面では、本作ならではなユニークな部分も確認できました。ちなみに、クリスは家や敷地内にある特定のモノを装備して、クリス自身、つまりキャプテンスピリットを着飾っていくことが可能です(1番最初にクリスが描いた絵のように)。


以上のような要素が存在する本作ですが、作中にはブラックウェル高校の校長から送られた手紙が登場しており、『ライフ イズ ストレンジ』プレイヤーならニヤリとする部分も存在していました。

次ページ:『ライフ イズ ストレンジ』にいなくてはならない存在にインタビュー

インタビューに応えてくれたRaoul Barbet氏
――本作は100%無料という新しい試みに挑んでいますが、どういった意図があったのでしょうか。

Raoul Barbet氏(以下、Barbet):おっしゃる通り、新しいアプローチだと思います。スクウェア・エニックスとDONTNODが相談しあった結果、無料で配信できることになってとても嬉しいです。クリエイターとして多くの人々にプレイしてもらえるのは大切ですしね。そして『ライフ イズ ストレンジ』を知らない方にとっても、この機会に作品がどんなものか知ってもらえるのは良いアプローチだと思います。今作は完全なスタンドアローンタイトルで、プレイボリュームがおよそ1時間から2時間なので、『ライフ イズ ストレンジ』というフランチャイズを知っていただきたいですね。

――本作は『ライフ イズ ストレンジ』のときに使用していたUnreal Engine 3からUnreal Engine 4に移行しましたが、表現力など、ここを見てくれという点はありますか。

Barbet:『ライフ イズ ストレンジ』を発売したあと、改善すべき点はいくつかありました。Unreal Engine 4では、表情の変化やボディアニメーション、環境エフェクト、シネマトグラフィ、深度などが進化したので、そういった面は向上していると思います。ただ、アーティスティックな面で『ライフ イズ ストレンジ』をどう見せるのかという点についてはテイストは同じです。

――本作のタイトル名には"ライフ イズ ストレンジ"というワード自体が入っていませんが、デモの冒頭を見たときに思ったのはすごい『ライフ イズ ストレンジ』だな、というところでした。らしさみたいなものを忘れないための秘訣や心がけていることはありますか。

Barbet:『ライフ イズ ストレンジ』シリーズは本作と『2』も含めて僕と、Michel(Michel Koch氏)がディレクターをやっているんだけど、言葉にできないし、自分たちにもわかりません。僕たちは『ライフ イズ ストレンジ』の遺伝子って言ってますけど。脚本も含め開発陣全員も『ライフ イズ ストレンジ』らしさを意識しなくても、らしさが出ていると思います。大切だと思っているのはシネマトグラフィやカメラワーク、物語のペース、音楽のチョイスなどですね。

――『ライフ イズ ストレンジ』は時をさかのぼる特殊能力が登場していましたが、本作では、スーパーパワーだと思っても、その種明かしをしっかりしていますよね。ズバリ超自然的な能力は本作に存在するのでしょうか。

Barbet:本作に登場する「能力」という意味で言うと、それはクリスの「想像力」になります。『ライフ イズ ストレンジ』というゲームは、とてもリアルな世界に時間を巻き戻すという超自然的な能力が付け加えられていますが、『The Awesome Adventures of Captain Spirit』にそういった超自然的なものがあるかどうかは、プレイして確かめてみてください。


――本作の主人公クリスは、『ライフ イズ ストレンジ』と同じユニバースのキャラクターではありつつも、シリーズ作品には一切出てこないキャラクターでした。本作で新たな世界観を打ち出そうとした理由はありますか。

Barbet:『The Awesome Adventures of Captain Spirit』は、『ライフ イズ ストレンジ』と同じユニバースなので、完全新作というわけではありません。僕がクリエイターとして皆さんに伝えたいことがあるので、マックスとクロエではないけど、『ライフ イズ ストレンジ』らしさを維持した新しいテーマを基にしたキャラクターや脚本を作るのは自然なことだと思います。

――それでは最後に、『ライフ イズ ストレンジ 2』についてですが、続編でもクロエやマックスのお話になるのでしょうか。

Barbet:まだ『2』についてはお話ができないんですが、おそらく数か月後には『2』の詳細も徐々に出していくと思うので、楽しみにしていてください。

今回、日本のメディアに来ていただいて嬉しく思っています。フランスはアニメ文化が根強くて、少年時代に体験したアニメやマンガの要素が『The Awesome Adventures of Captain Spirit』には詰め込まれています。オマージュもあるので、日本の皆さんにも感じ取っていただければ幸いです。


『The Awesome Adventures of Captain Spirit』は、2018年6月26日よりXbox One/PS4/Steamにて無料配信予定。現時点で日本展開は未定です。【ほかの画像を見る】一目見ればわかる…『The Awesome Adventures of Captain Spirit』は『ライフ イズ ストレンジ』なのだと―プレゼン&インタビューに突撃【E3 2018】
一目見ればわかる…『The Awesome Adventures of Captain Spirit』は『ライフ イズ ストレンジ』なのだと―プレゼン&インタビューに突撃【E3 2018】