子宮頸がんなどを予防するHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの積極的な接種呼びかけが中止されて5年となった14日、接種後の健康被害を訴えて国や製薬会社に損害賠償を求めている原告団らが、東京都内で記者会見した。運動障害や体の痛みは続いており「元の体に戻してほしい」と診療体制の充実を求めた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

HPVワクチン接種後の健康被害を訴える酒井七海さん(左)ら=東京都千代田区の厚生労働省内で2018年6月14日、熊谷豪撮影