英データ会社によると1934年に7-1で勝利したイタリア以来の大勝発進

 サッカーロシアW杯が開幕。14日の開幕戦に登場したホスト国のロシアはサウジアラビアを相手に5-0で圧勝発進を決めた。英国のデータ分析会社「オプタ」によると、開幕戦史上2番目の圧勝劇だったという。

 ゴールラッシュでアジアの強豪を打ちのめしたロシア。試合を受けて「オプタ」は「ロシアはW杯史上2番目に開幕戦を大勝したホスト国となった。1934年イタリア対米国の7-1以来だ」とツイートしている。

 今回の大勝は1934年のイタリア大会のオープニングゲームで、イタリアが米国に6点差をつけた試合に次ぐものとなった。

 FIFAランクは70位で出場国中最低だったロシア。前評判は高くなかったが、まずは最高の形で初戦を制した。(THE ANSWER編集部)

ロシアは最高の形で初戦を制した【写真:AP】