低いランキングと前評判は、ロシアにとって華々しく開幕戦を飾るための仮面だったのだろうか。サウジアラビアから5得点を奪って試合を支配し続けた90分。開催国として最高の形でW杯の幕を開けた。今年に入って1勝もできず貼られた「弱い開催国」というレッテルは、世界中が注目した開幕戦ではがしたかに見える。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

後半、ゴールを決めて祝福されるロシアのジュバ(中央)=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年6月14日、長谷川直亮撮影