ボクシングの元WBC世界フライ級王者・内藤大助が、趣味である将棋について「ボクシングは詰将棋ですよ」と、格闘技と頭脳戦に共通点があると語った。少年時代から将棋を楽しむ内藤は、都内で取材に応じると「好きな駒は桂馬。動きがトリッキーなのは僕も同じ」とにっこり。22歳のプロデビューから、遅咲きながら世界の頂点に立った男が、国内でブームが起きている将棋について、熱く語り続けた。

 幼いころから、家族とともに将棋を楽しんでいた内藤は、現役時代からボクシングを将棋に例えてきた。「自分がガッと打って出たのが1手目、それに相手が合わせて打って来るのが2手目。そこを狙って僕がカウンターを打つのが3手目。そんな感じです。詰将棋ですよね」と、身振り手振りを交えながら説明した。ジャブを出す、フェイントをする、強打する。自分の出す「手」に対して、相手が「手」を出し、そこを読み切ってさらに必殺の「手」を繰り出す。世界クラスのボクサーとなれば、無数の引き出しを持つと言われるが、数々の戦術を研究する将棋の棋士とやっていることは同じだ。


 10代でデビューするボクサーが多い中、遅咲きだったからこそ「追いつけ追い越せと、人と違うことを」やってきた。剣道、卓球、ハンドボール。経験してきたスポーツの要素を、全部自分のボクシングに取り入れた。「トリッキーな動きが好きなんですよ。だから将棋でも桂馬が好きです。だって桂馬は間に駒があっても飛び越してワープできるじゃないですか。あれがかっこいいんですよ!」と目を輝かせた。


 将棋を指すことだけでなく、最近訪れている将棋ブームもしっかりキャッチしている。「将棋が好きとか、知的に感じるしイメージがいいですよね。藤井聡太さんとかすごくいい。キャラも優しくていい人そうだし。うちの長男も中学生なんですが、藤井さんのような10代の方が活躍するのを見ると『お前も頑張れ!』って、例えに出来るのがいいですよ」と、父親目線で若き天才棋士の活躍ぶりを見ているという。


 AbemaTVでは、その藤井聡太七段も登場するオリジナル企画「AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治」を6月17日から放送される。羽生善治竜王の着想から生まれた持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算される独自の超早指しだが「若い人が有利そうですよね。スピードっていうイメージだから、頭の回転が速い人が有利そう。」と予想。また勝負師として「従来やっているものだけじゃなくて、この早指し用のトレーニングもしなきゃいけないんじゃないですかね。同年代の羽生さんにも頑張って欲しいなあ」と語った。 世界チャンピオンも注目する超早指し戦開幕のゴングがなるのは、もうすぐだ。


◆AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治 将棋界で初めて7つのタイトルで永世称号の資格を得る「永世七冠」を達成した羽生善治竜王が着想した、独自のルールで行われる超早指し戦によるトーナメント。持ち時間は各5分で、1手指すごとに5秒が加算される。羽生竜王が趣味とするチェスの「フィッシャールール」がベースになっている。1回の顔合わせで先に2勝した方が勝ち上がる三番勝負。予選は藤井聡太七段が登場するA組からC組まで各4人が参加し、各組2人が決勝トーナメントへ。シードの羽生竜王、久保利明王将を加えた8人で、最速・最強の座を争う。

(C)AbemaTV

▶6/17 20:00~ 第1回AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治 #1-1